最難関!英検1級に独学合格するために僕が実践した勉強法のすべて

 

英検1級 独学合格法|2次試験(面接)の対策

英検1級の1次試験に無事合格すると、2次の英語面接試験に臨ことができます。

肌感ですが、1次の筆記試験に合格した人のほとんどが2次で不合格になっている印象を受けました。やはりスピーキング試験は日本人にとって難しいですね。

1. 2次試験(面接)の形式

英検の公式サイトから、以下のような流れで2次試験が進められることがわかります。

  • 入室
  • 「面接カード」を渡す
  • 着席
  • 氏名の確認と簡単な日常会話
  • 「トピックカード」を受け取る
  • スピーチの考慮時間(1分間)
  • スピーチ(2分間)
  • Q&A(4分間)
  • 「トピックカード」を面接委員に返す
  • 退室

ちなみに、面接官は日本人1人、ネイティブ1人の合計2人と聞いていましたが、僕が受けたときは2人ともネイティブスピーカー(外国人)でした。この辺りは試験会場によってばらつきがあるのかもしれません。

英検バーチャル二次試験を見れば、具体的なイメージが湧くと思いますので、1次試験を突破した方はチェックしてみてください。

2. 英検1級の2次試験に合格するために必要な英語力

2次試験では、面接官とのフリートーク(雑談) → スピーチ → 質疑応答 の3つのシーンで英語力を試されます。

フリートークでは、「普段どんな仕事をしているのか」あるいは「試験会場まではどうやってきたのか」といった簡単な質問に答えることになります。英語を使って日常的な会話が普通に楽しめるレベルの英語力が必要でしょう。

また、スピーチでは、短い時間でトピックの選択から構成までを考えて喋らなければなりません。これがかなりハードで、面接に特化した練習だけでなく、アドリブで英語を喋れるぐらいの「余裕」を持っておく必要があります。頭が真っ白になって黙り込んでしまうと、加点がほぼ望めません。

最後の質疑応答でも、相手からの質問にロジカルに回答する必要があります。日本語で行うのでさえ大変なのに、これをすべて英語で行わなければならないので相当な努力量を伴います。

3. 英検1級の2次試験対策にオススメの勉強方法

英検1級の2次試験を一朝一夕でなんとかしようとしても、残念ながらそれは不可能です。本番ではまったく歯が立たないでしょう。

細かいテクニックよりも、どれだけたくさん外国人と話して、どれだけ英会話力を磨いたか。息をするように英語を喋るような感覚の方がずっと大事なんですよね。

とは言え、英語を話す環境って意外と無いものだし、だいいち恥ずかしさや抵抗感だってありますよね。

こんな人に僕が本気でおすすめするのが、「オンライン英会話」。Skypeを使って、自宅にいながら英会話のレッスンが受けられるサービスです。

毎日25分間、30日間話せて、1回のレッスンは180円程度。コストパフォーマンスがとにかく優れているし、日々成長も実感できるから長く続けられるはずです。

(ちなみに僕も、オンライン英会話を継続することで英検1級の2次試験(面接)をパスすることができました)

さて、さまざまなオンライン英会話サービスがひしめき合っていますが、僕がオススメするのはレアジョブです。

  1. 国内シェアNo.1。大企業での語学研修にも選ばれている!
  2. きめ細かなカウンセリングで不安を解消してくれる!
  3. 採用率1%の審査をクリアした優秀な講師陣!

今なら無料体験レッスンが2回も受けられるので、オンライン英会話初心者の方も軽い気持ちで挑戦してみてください! 意外と楽しくて25分なんかあっという間ですよ。

CLICK今すぐレアジョブで体験レッスンを受ける(無料レッスン:2回)

【無料体験あり】僕が心からお薦めするオンライン英会話5校を徹底比較!

 

英検1級に独学合格してみて思うこと

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

僕の場合「英検1級を取得してーーをする」みたいな目標はなく、なんとなく自分の英語力を高めるためだけに受験しました。

結果的に合格することができた今思うことは、「英語学習に終わりは無い」ということですね。英検1級を持っていても、僕なんかまだまだ初級者だと思っています。

英検を取ればTOEFLやIELTSが待っているし、資格試験のスコアが上がっても、まだまだ洗練された「ネイティブの英語」には程遠い。語学はライフワークだなとつくづく感じます。

大学生よ「TOEICスコアがあれば就活に有利」は嘘だから騙されるな

この記事を読んでいただいているあなたも、英検1級を「通過点」として、生涯英語学習を楽しんでいただければと思います。

一緒に頑張っていきましょう!

 

そもそも英検1級とは? (科目、難易度、合格率、使い道)

英検は、正式名称を「実用英語技能検定」といい、日本英語検定協会という組織によって運営されています。

1級はその中でも最もハイレベルな試験で、

広く社会生活で求められる英語を十分理解し、また使用することができる

程度の英語力が求められるようです。

以下、ざっくりとではありますが英検1級の試験の概要を見ていきましょう。

1. 英検1級 1次試験の内訳

英検1級の1次試験は、マークシート及び自由記述形式のペーパーテストです。

科目はリーディング、ライティング、リスニングの3つ。※スピーキングはありません。

点数や出題数、時間の配分は下表をご覧ください。

出典:http://www.eiken.or.jp/eiken/exam/grade_1/detail.html

 

また、点数配分については、2015年度以前の英検ではRWLで偏りがあったものの、2016年度以降は一律「750点」のラインで揃うようになりました。

出典:http://www.eiken.or.jp/eiken/exam/grade_1/detail.html

これにより、3つのセクションでバランスよく点数を取る必要が生まれました。

簡単に言うと、「RLができていればWを捨てても大丈夫」みたいなことができなくなったということですね。

2. 英検1級 2次試験(面接試験)の内訳

英検1級の1次試験(筆記試験)に合格すると、2次試験に挑戦することができます。

2次では英語による面接試験が行われ、フリートーク → スピーチ → 質疑応答 という流れで審査されます。

1次試験、2次試験と連続で突破してはじめて、英検1級の合格証書がもらえます。

※ちなみに、2次試験で落ちた場合、次回受験時に1次試験を免除されるという特典もあります。

出典:http://www.eiken.or.jp/eiken/exam/grade_1/detail.html

3. 英検1級の難易度、合格率

出典:http://english-navi.biz/eiken/1st_data/

少し古いデータで申し訳ないのですが、資料を一応載せておきます。

グラフの青いバーが英検1級の受験志願者、赤いバーが最終合格者、緑の折れ線が合格率を表したグラフです。

このグラフから、英検1級の合格率はだいたい10%程度であることが読み取れますね。

ちなみに、「合格率10%」というのは資格試験の中では実はかなり難関。特に、出題される英単語のレベルが極めて高いことでも知られています。(後述します)

4. 英検1級の実力、使い道

僕の体感では、英検1級をTOEICに換算すると950〜990点、TOEFLだと90~100/120、IELTSだと over-all 7.5ぐらいに匹敵すると思っています。

英検1級ぐらいの英語力があれば、英語が話されている国ではそこまで苦労なく生活し、場合によってはビジネスで英語を使うこともできるのではないでしょうか?

ちなみに、英検1級取得者は「通訳案内士」という国家試験の1次試験を免除されます。併せて取ってしまうのもアリかもしれませんね。

僕が英検1級を受けようと思った動機

僕は英検1級取得よりも前に、TOEICの勉強をしていました。スコアは985点。満点ではありませんが、「これ以上リソースを割いて5点を埋めるのもなぁ ……」と思い、英検取得に舵を切りました。

【5ステップ】TOEICスコアを短期間で150点UPさせる超効率的な勉強法/コツ

受験級は最初から1級と決めていました。準1級を取っても英語力のアピールとしては弱い気がしたし、最終的には「最難関」の1級を受けるつもりだったので。1級か準1級かで悩んでいるなら、1級に挑戦したほうがいいと思いますよ!

ちなみに、僕は当時 財務省・東京税関で税関職員として働いていました。毎日数百人の外国人と英語で会話をするので、英語力が存分に発揮できると考えたのです。結局辞めてしまいましたが(笑)。

TOEIC985、英検1級を取得した今、目指しているのはTOEFLかIELTSです。TOEFLなら110/120、IELTSなら7.5ぐらいがターゲットスコアになるでしょうね。頑張らないと ……。