TOEIC985、英検1級の僕がガチでオススメする英語教材3選(中級〜上級向け)

相原 有希(Aihara Yuki)
28歳男/国家公務員、TABI LABOライター、LINE経理を担当/オーストラリアへの二度の留学経験に加え、TOEIC985点・英検1級を保持/プロフィールを読む▶︎

 

 

3発音教本『American Accent Training』

この本の特長

1. アメリカ人が普段話すような自然なアクセントが身につく!

『American Accent Training』は、自然なアメリカ英語を習得させることを目的とした発音教本です。「自然な」というのがポイントで、本書に収録されている音声解説は、(敢えて)アメリカ人が普段話すような早いスピードになっています。

最初のうちは少し大変かもしれませんが、本書に忠実に、丁寧に取り組んでいけば、ネイティブにも通じやすいナチュラルなアクセントが身につくし、またネイティブの英語も聞き取れるようになります。

ちなみに僕は「生まれは海外ですか?」と外国人に聞かれることが明らかに増えました! それぐらいオススメです。

純ジャパの僕が「帰国子女」と間違われるレベルの英語の発音を身につけた具体的方法

2018.09.30

2. 音の連鎖や脱落について「これでもか」と解説されている!

リエゾン(音の連鎖)に、相当なページ数が割かれています。

『American Accent Training』では、文中で起こる音の変化(リエゾン、リダクション ……)についても詳細に解説されています。英語がより「英語らしく」なるようなテクニックも満載なので、毎ページかならず発見があるはず。

3. 日本人向けのアドバイスまであり、サポートが手厚い!

日本人のクセや注意点にも言及されている。

『American Accent Training』では、日本人向けの章まで用意されています。日本人が苦手な「r」と「l」の区別や、日本語にはない「th」についてもしっかりカバー。カタカナ英語から抜け出せない人は一読の価値ありでしょう。

結論!

国内にいながら帰国子女並みの発音を身につけるなら、「AAT」一択!
CLICKAmazonで『American Accent Training』を買う

 

この記事のおさらい

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

今回の記事では、どんなレベルの英語学習者の方にもオススメしたい教材をレビューしました。

  • DUO 3.0
  • Grammar in Use
  • American Accent Training

冒頭でも書きましたが、3冊ともほんとうに鉄板中の鉄板で、文字通り「一生モノ」の参考書です。何度も何度も読み込んでボロボロにしてください。

今すぐ入手して、英語力の土台を築いていきましょう!

 

留学せずに英語力を高めるなら、オンライン英会話が超オススメ!

  • 「英語力が話せるようになりたいけど、海外留学はできないし・・・」
  • 「どの英会話スクールを選んだらいいかわからない・・・」

とお悩みのあなた。今の時代、スマホ一台あれば世界中と繋がることができるんです。月々の料金は5000円から。24時間どこでもレッスン可能。

英語力を「本気で」伸ばしたい方だけ、下のボタンをクリックしてみてください。

 




この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます