【6年使用】SONY NEX-5Nが至高のミラーレスである理由【レビュー】

こんにちは、相原 ユーキです。

僕は写真撮影が趣味で、普段からブログ用にブツ撮りしたり、散歩中に風景撮影をしたりして楽しんでいます。

カメラも、ミラーの有り/無りあわせて、これまでに6台購入してきました。

レンズキットで5万円ほどのエントリーモデルからボディだけで20万円を超えるモデルまで、けっこう幅広くカバーしています。

  • SONY NEX-5N
  • Canon EOS 40D
  • Canon EOD 6D
  • SONY RX100 M3
  • Canon kiss X7
  • SONY α7II

中でも最も使用感がよくコスパも優れていたのが、意外にも2012年のオーストラリア留学前に購入したSONYのミラーレス一眼 NEX-5N

6年ほど使用していますが、どう考えても最強すぎます。

「カメラを始めたいけど何を選んだら良いかわからない」という人は、是非とも続きをご覧くださいー!

 

SONY NEX-5Nが優秀なミラーレス一眼である3つの理由

SONYのミラーレス一眼レフカメラ「NEX-5N」を僕がイチオシする理由は、次の3つ。

  • 型落ちしまくっていて安く手に入る!
  • 未だに戦えるほど高画質!
  • とにかくコンパクトで取り回しが良い!

ひとつずつ見ていきましょう。

 

理由1型落ちしまくっていて安く手に入る!

SONY NEX-5Nが発売されたのが2011年9月9日、今から6年以上前のモデルになります。5Nのあと、NEX-7、α5000、α6000 ……とモデルチェンジをしていったため、何世代も型落ちしているんですね。

すでに生産完了しているため新品での入手はできませんが、中古市場ではボディだけで1万数千円〜、単焦点レンズと合わせても3万円ちょっとで購入することができます。SONYの高性能ミラーレスがこの値段で手に入るのが第一のメリットですね。

ちなみに、さらに旧モデルのNEX-3シリーズ(ボディ)なら、荻窪のさくらやで中古7800円(!)で売られているのを見たことがあります。初期費用を抑えたいという方にとっては魅力的な選択肢になるかと。

 

理由2未だに戦えるほど高画質&ハイスペック!

デジタルガジェットの進化はめざましく、新製品でもあっという間に陳腐化してしまうことも珍しくありません。「6年も前のモデルなんて ……」と侮ってしまう気持ちもわかりますが、NEX-5Nはバリバリ現役で戦えるのでご安心を。

  • 有効画素数 1610万画素
  • ISO感度 100-25600
  • 液晶モニター 3.0型/チルト/タッチ操作可
  • 顔登録、スマイルシャッター等も搭載
  • 出典:主な仕様(NEX-5N)

ちなみに作例は以下のような感じです。

JPEG撮って出しでこれぐらいの写真がサクッと撮れるので、写真の「質」にこだわりたい人でも普通に満足できるんじゃないでしょうか。

 

理由3とにかくコンパクトで取り回しが良い!

NEX-5Nの重量は、本体だけで210g。バッテリーとメモリを入れても269gしかありません。とにかく軽いんです!

ちなみに、軽さとコンパクトさが売りのCanon「Kiss」シリーズに新たにミラーレスモデル「Kiss M」が登場しますが、重さは387g(これでもかなり軽いです)。

僕が愛用しているSONYのNEX-5Nはこれよりもさらに100g以上軽量なので、いかに取り回しがしやすいかが伺えます。

以前フルサイズ機(レンズと合わせて1.5kg超)を使っていたこともありましたが、やはり機動性は下がります。あちこちに持って行くとなると、正直言ってしんどいんですよ ……。

実際、海外旅行とか留学に持って行くなら軽さは正義なんですよ。旅先ではシャッターチャンスがどこにあるかわからないので、軽量なミラーレス一眼(あるいは高級コンデジ)のほうが幸せになれると思います。

 

さいごに

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

今回の記事では、2011年発売のSONY NEX-5Nが未だに最強のミラーレス機である3つの理由を解説しました。

  • 型落ちしまくっていて安く手に入る!
  • 未だに戦えるほど高画質!
  • とにかくコンパクトで取り回しが良い!

高級コンデジ、APS-C一眼、フルサイズ一眼、ミラーレス一眼 ……と6年間に渡ってカメラを使い倒してきた中で、最終的に手元に残ったNEX-5N。

「海外にカメラを持っていきたい」と考えている方は、是非ご検討くださいー!