ワーホリ留学に「SIMフリー」スマホを持っていくべき2つの理由と具体的入手方法

相原 有希(Aihara Yuki)
28歳男/国家公務員、TABI LABOライター、LINE経理を担当/オーストラリアへの二度の留学経験に加え、TOEIC985点・英検1級を保持/プロフィールを読む▶︎

 

パスポートやクレジットカードに加えて、海外旅行/ワーホリ留学に絶対に持って行くべきなのがSIMフリーのスマートフォン。間違いなくマストアイテムです。

2018年オーストラリア留学(ワーホリ)に持って行く12のモノ

2018.03.29

現在、docomo/au/SoftBank/Y!mobileで契約したケータイを使っている方は、かならず海外へ行く前に回線を解約して、SIMフリーのスマホを入手しておきましょう。

SIMフリーに乗り換えるべき理由、具体的な方法、オススメの機種を、記事の中で詳しく解説していきます。

 

SIMフリースマホに替えるべき理由

なぜ、海外へ長期間滞在するときに「SIM」フリーのスマホが必要になるのか。ここでは2つ理由を挙げて解説していきます。

1日本で契約したSIMをそのまま海外で使うと高額請求がくる

国際ローミングでパケ死する

日本国内で契約したSIMカードをそのまま海外で利用する場合、「国際ローミング」という通信携帯に切り替わってしまい、従量制(使ったぶんだけお金がかかる仕組み)でお金が取られます。結果的に請求額が高額になります。

一応docomoなどの大手キャリアでは「海外パケ・ホーダイ」といったサービスを用意してはいますが、一日あたり1000〜3000円近くかかることがほとんど。数週間〜数ヶ月以上滞在する場合には現実的なオプションではありません。

SIMフリーで現地のキャリアを利用しよう

そこで、僕がオススメするのが「SIMフリー」のスマートフォン。SIMフリーとは、特定の通信事業者によってロックのかけられていないスマホのことです。

SIMフリーのメリットは、渡航先の通信サービスをそのまま利用できるという点です。

OPTUS(オプタス)を契約して3日間使った簡易レビュー【オーストラリアワーホリ】

2018.04.01

ワーホリ/海外留学生のように長期間外国に滞在する予定の人は、SIMフリースマホを購入して現地のSIMを差し込んで使う、というのが一番賢いんですよね。

2SIMフリーなら、帰国後も「格安SIM」サービスを利用することができる

海外留学を終えて帰国した後も、SIMフリーのスマートフォンは活躍してくれます。LINEモバイルUQモバイルmineo(マイネオ)DMMモバイル といった「格安SIM」サービスを利用することができるからです。

以下の記事で詳しく解説していますが、例えばLINEモバイルなら月々1690円でdocomoと同等の高速通信を利用することができて、ものすごくお得です。

正直、今の時代にdocomo/au/SoftBankで契約したスマホに毎月1万円も支払うのはお金が勿体無いなので、この機会にSIMフリースマホに乗り換えちゃいましょう。

次の章では、具体的にどのようにしてSIMフリーのスマホを手に入れるのが良いか説明していきます。

 

SIMフリースマホを入手する方法と手順

それでは、SIMフリーのスマホを手に入れるにはどうすれば良いのでしょうか? SIMフリー(Unlocked)のスマホを手に入れる方法は、大きく2つあります。

1Apple StoreでSIMフリーのiPhoneを買う

iPhoneユーザーであれば、docomo/au/SoftBank等のキャリアの店頭ではなく、Apple StoreでiPhoneを購入しましょう。

Apple Storeで買ったiPhoneは、特定の通信事業者と紐づいていない「SIMフリー」機です。

ラインナップの中でもっともリーズナブルなのがiPhone SE(32GB)で、税別39800円で手に入ります。

少々高い出費に感じるかもしれませんが、毎月1万円近く支払っていたスマホ代が半額以下になるため、実際は半年ぐらいで端末代の元が取れます。

SEは手に馴染む「4インチ」サイズでありながら今でも十分に戦えるハイスペック機。SIMフリースマホとして実は一番優秀だったりします。オススメ。

 

2中古ショップでSIMフリーのスマホを買う

「Androidでも良い」あるいは「中古でも良い」という方は、イオシス等の中古ショップや、Amazon等のネット通販を活用するのもアリです。

ちなみに僕が購入した『HUAWEI P9』、かなりコスパ高いです。

中古25000円と超格安ながら、Leicaのデュアルレンズ、RAM3GB、指紋認証まで搭載されてるモンスタースペック。

iPhone 8 PlusからHUAWEI P9に換えて3ヶ月が経過したのでレビュー【中華スマホ】

2018.05.11

ただ、あくまでも中古品なので、お店に行けばかならず手に入るというものではないのが玉に瑕ですが……。一期一会目当てでショップをハシゴするのも良いのではないでしょうか。

ちなみに僕は、現在LINEモバイルのSIMを挿していますが、オーストラリアではOptusかVodafoneを契約しようと思っています。

OPTUS(オプタス)を契約して3日間使った簡易レビュー【オーストラリアワーホリ】

2018.04.01

 

さいごに

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

今回の記事では、長期の海外旅行・ワーホリ留学にSIMフリースマホを持っていくべき理由と、SIMフリー機の具体的な入手方法をご紹介しました。

現在docomo/au/SoftBankでケータイを契約している方も、月々5〜6000円以上節約できる場合がほとんどですので、違約金を気にせずに解約しちゃうのもアリだと思います。

ファイナンシャルアカデミー主催「お金の教養講座(無料)」感想と口コミ評判まとめ

2018.06.28

今やSIMフリーが常識です。縛られることなく、どこでも自由に繋がれる時代ですよー! ご検討ください。

月額2726円から!速度制限ナシの高速WiFi『Broad WiMAX』が最高すぎる

2018.06.25



この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます