英検の英作文や公務員試験の記述対策は「テンプレート」で効率化しよう

マークシート式試験の勉強方法はわかるけど
論述式試験はどう対策したら良いかわからない

という方は多いでしょう。

「とりあえずがむしゃらに書いて覚える!」という泥臭い方法でもある程度伸びますが、時短化・効率化したいのなら「テンプレート」を活用するのがオススメ。

今回の記事では、僕が記述試験をどのように対策しているのかを「テンプレ学習法」と称してご紹介します。

 

結論:「書いて」覚えるのは非効率! テンプレートを活用しよう

さて、いきなり結論から書きますが、英検や公務員試験の「記述」試験対策として、ひたすら書いて覚えるというは非効率なのでやめましょう!

人間の脳というのは、文字を書いている間はインプットをサボってしまいます。手を動かすのはあくまでも「作業」なので、何かを覚えるには「視覚」をフルに活用すべし! というのは以前の記事にも書きました。

英単語を覚えるとき、ノートにひたすら文字を写経したりしていませんか?

乱暴な言い方をすると、時間の無駄かもしれません ……。理由はカンタンで、手を動かしている間は頭が働いていないためです。

ちなみに、僕は英単語を1万3000語ぐらい記憶していますが、手で「書いて」覚えることができた単語は一つもありません。目と耳とイメージで暗記した方が効率が良いと思います。

出典:勉強ができない/苦手な人に共通する「10の特徴」と解決策を語る

単語学習に限らずあらゆるインプットは「目から」おこなうべきだという考えのもと、以下「テンプレート」を活用して記述試験対策を超効率化する方法を紹介していきます!

 

次のページライティングで合格点を叩き出す「テンプレ学習法」の具体的な4STEP

 

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます