大学生よ「TOEICスコアがあれば就活に有利」は嘘だから騙されるな

こんにちは、TOEIC985点ブロガーの相原 ユーキです。

僕には、民間企業の就職活動において内定が一つも取れず全滅してしまった苦い過去がある。今思い出してもけっこう凹む。

この記事の読んでいる大学生の中にも、先の見えない辛い時期を過ごしている人がいるだろう。そんなヒントになればと思い、記事を執筆した。

就活では「TOEICがあれば有利!」と言われるが、果たして本当にそうだろうか? この考え方に落とし穴はないのだろうか?

TOEIC985点、オーストラリア留学経験という武器が持っていながら就活で大失敗した僕が思うところを、つらつらと述べていこうと思う。

全部で8000字ぐらいあるので、適度に休憩しながら読み進めてもらえれば幸いだ。

結論:TOEICのハイスコアだけでは就活は上手くいかない!

さて、いきなり結論から入るが「TOEICで高得点が取れれば就活で勝てる」と思い込んでいる学生は今すぐ考え直した方が良い。就活はそんなに甘くない。

これは民間企業と公務員どちらも受けて、酸いも甘いも体験した僕からの警告であり、最大のアドバイスである。

……誤解して欲しくないのは「TOEICなんて不要だ」と言っているわけではない、ということだ。TOEICはむしろ就活に必須になっていて、たいていの企業のES(エントリーシート)にはご丁寧にTOEICのスコアを記入する欄まで設けられている。

皆が知っているクラスの大企業の総合職を狙うなら、少なくとも700点、欲を言えば800点以上は無いとアピール点にはならないだろう。TOEICはもはや必修科目になっていて、抜きん出たスコアがないと「目立てない」のだ。

関連記事TOEICスコアを短期間で150点UPさせる超効率的な5ステップ

では抜きん出たスコアを取ってしまえば良いのだろうか? 僕は数年前、そのように錯誤してしまい就活を棒に振った。この過ちを正す前に、まずは僕自身の就活体験について少しだけ述べさせていただく。

 

次のページTOEIC985点、AUS留学経験ありでも就活全滅した僕の実例