年収150万円UPさせたいあなたが今すぐ登録すべき転職エージェント3選

こんにちは、相原 ユーキです。

突然ですが、あなたは今現在の年収や職場の環境に満足していますか?

転職エージェントの力を借りれば、最小限の労力で年収を大幅にアップさせることも可能です! 

相原 ユーキ

僕も転職で年俸が150万円以上あがりました

今回の記事では、僕が実際に利用してみて(あるいは利用した方からお話を聞いて)良かったエージェントをまとめてみました。ここなら間違いない!とオススメできるものばかりです。

転職したいと1ミリでも考えている方は、ぜひ一度これらのエージェントが運営している求人サービスに登録して、自分にどれくらいの市場価値があるのかを確認してみて頂ければと思います。

関連記事自分の市場価値が5分で出せる「MIIDAS」が予想以上に面白い件

 

転職エージェントの存在意義:なぜ登録すべきなのか?

エージェントの必要性については、以下の記事で詳述しましたので是非!

関連記事転職エージェントの存在意義:なぜ登録すべきなのか?

 

絶対に登録しておきたい転職エージェントTOP3

それでは、ここさえ登録しておけば間違いない!という求人サービスを3つ紹介していきます。

稼働開始までの基本的な流れは以下のような感じ。

  1. WEBからエントリー
  2. 専任のキャリアアドバイザーと面談
  3. 求人紹介スタート
  4. 応募し、面接選考
  5. 内定・入社

面接日のスケジューリング、面接対策、入社日や年収の交渉まで、トータルでサポートしてもらえるので本当にオススメです。

 

1DODA(デューダ)

DODA(デューダ)とは、パーソルキャリア株式会社(旧・株式会社インテリジェンス)が提供する、業界最大手の転職サイト。

国内のホワイト企業から、外資系、ベンチャーまで幅広くカバーしており、求人数はなんと100,000件オーバー。そのうちの80~90%が「非公開求人*」となっているのも魅力です。

非公開求人とは、一般には公開されていない「DODA限定」の求人案件のこと。企業からの信頼が厚いために実現可能。

プロのアドバイザーからの紹介だけでなく、企業から直接オファーが届くルートも用意。WEBエントリー → レジュメを登録しておくだけで自動的に選考が進むような感覚ですね。

「転職は初めてで、右も左も分からない ……」という方が絶対に登録しておくべきエージェントの一つです!

CLICK今すぐ業界最大手の「デューダ」に無料エントリーする

 

2BIZREACH(ビズリーチ)

BIZREACH(ビズリーチ)とは、株式会社ビズリーチが提供する転職サービスで、今年で設立8年目になります。

求人数は85,000件とDODA(デューダ)よりはやや少ないものの、高収入案件に定評があるのが最大の特徴。

年収1000万、2000万円〜の案件がゴロゴロと公開されていたりします(2018年2月現在、なんと31938件も「1000万円超え」案件が!)

現職でのマネジメント経験や専門知識を活かし、管理職や役員職、あるいは海外勤務を狙いたい人はビズリーチ一択でしょう。

ちなみに、LINE時代の同僚の中にもビズリーチの紹介で入社された方がいました。

CLICK今すぐ「ビズリーチ」に無料エントリーする

 

3若者正社員チャレンジ

「若者正社員チャレンジ」とは、パーソルテンプスタッフ株式会社と東京しごとセンターが提携して運営している就職サポートサービスのこと。

2014年の開始以降、1000人以上の若者を正社員として企業に入社させてきた実績があります。

参加資格は29歳までと年齢制限がありますが、第二新卒の方や正社員経験の無い方だけでなく、就業経験がまったく無いという方でも受け入れてくれるほど懐が広いです。

DODA(デューダ)やBIZREACH(ビズリーチ)でゴリゴリと転職活動をしていく自信がない ……という方はこちらの方が良いかも。転職活動のファーストステップとしてオススメです!

無料で参加できる説明会も随時開催されていますので、まずはWEBエントリーを済ませて情報を受け取りましょう。

CLICK今すぐ「若者正社員チャレンジ」に無料エントリーする

 

案件探しは複数のエージェントで

案件を探す際には、上記のうち少なくとも2〜3社に同時に依頼しましょう(僕もガチで転職活動していたときは4つも5つも同時に登録していました)。

前述した通り、エージェントによって扱っている案件が違いますし、他のエージェントも利用していると交渉力も生まれます(条件が上方修正されることも全然あるようです)。

まずは案件数の多い DODA(デューダ)BIZREACH(ビズリーチ) には絶対に登録しておきたいですね。ほとんどの場合、この2社のどちらかで決まってしまうと思います。

加えて、20代の転職(既卒・第二新卒)では、若者正社員チャレンジ なんかも押さえておくと、確度がさらに上がるのでオススメ。

 

さいごに:人生のほとんどの問題はお金で解決する

最後に、僕が以前勤めていたLINE(株)の上級執行役員 田端さんのツイートを引用します。

日本人の多くは「お金」を語ることを嫌いますが、実際のところ、人生における悩みのほとんどが「お金」に起因するんじゃないかと僕は思っています。

関連記事基礎的な「お金の教養」はファイナンシャルアカデミーで無料で学べる!

僕もWEBメディアで働いているときは、常に↓のような状況でした。貧しさは争いのタネなんです。

  • これだけ頑張っているのに、待遇が悪すぎて割りに合わない ……
  • お金がなくて、家族とまた揉めてしまった ……

ただでさえ1日の大半を費やす「仕事」なのだから、その報酬や環境にはこだわりを持つべきですし、可能ならば常に上を目指してアクションしていくべきですよね。

そして、そのためには何ごとも早めにやっておくに越したことがありません。年齢を重ねるごとに転職活動では不利になりますからね。

CLICK今すぐ業界最大手の「デューダ」に無料エントリーする

CLICK今すぐ「ビズリーチ」に無料エントリーする

CLICK今すぐ「若者正社員チャレンジ」に無料エントリーする

 

この記事をここまで読んでいただいたあなたには,以下の記事もオススメ!

自分の市場価値が5分で出せる「MIIDAS」が予想以上に面白い件