合格者が教える。国家公務員(総合職)試験にオススメの予備校3選

こんにちは、相原 ユーキです。

僕は2014年の4月から一年間独学して国家総合職(法律区分)に最終合格することができました。

関連記事国家総合職「独学」合格のための参考書・教材・過去問28冊まとめ

独力で勉強する中で培ったスキルもありましたが、同時に痛感したのが圧倒的な「情報力」不足。予備校に通っていなかった僕は情報弱者でした。

関連記事独学の「非効率」について敢えて語ってみようと思う

仮にもう一度国家総合職試験を受けるなら、予備校に入るかもしれません。僕の場合、予備校に入らずに試験勉強や官庁訪問で苦戦したからこそ、そのありがたみやメリットがわかるんですよねー。

今回の記事では、国家総合職最終合格・官庁訪問突破を100%絶対に果たしたい方にオススメの予備校・スクールを3校ご紹介します。

本編でも触れますが、就活や公務員試験では「情報力」の差が命運を分けます。受講料はウン十万円しますが、将来官僚として働くための「投資」としては安すぎるぐらいでしょう。

 

国家総合職の合格に予備校利用が有効である2つの理由

1無駄なく「最短距離」で結果が出せる

個人情報は一応伏せてます。

冒頭でも述べましたが、僕は2014年の4月からおよそ一年間(1400時間)、たった一人で勉強を続けました。

……そもそも僕は商学部出身なので、本来は経済区分のほうが科目的にも親和性が高かったんでしょうけど、採用数(枠)の大きい法律区分のほうが合格可能性が高いのではないかと考えて選択しました。

法律なんて生まれて初めて勉強するようなもので、僕は「憲法」が何か「民法」が何かすらわかっていなかったようなクソ大学生でした。だから、学習の進め方をどうしていくべきかをプランニングするのに本当に骨が折れました。

今にして思えば、遠回りだった可能性もあります。無駄な作業もたくさんしましたし、逆に、やらなければならない作業もいくつもスキップしました。

  • 配点の低い問題(生物とか美術)にけっこう時間を割く
  • 難しいと言われている「国際法」にわざわざ手を出す
  • 試験直前になって急に「刑法」に浮気して本番で間違える
  • 官庁訪問の情報が少なすぎて「キーマンは誰」みたいな会話に全くついていけない

少々値は張るものの、予備校にしっかりと入っておけばこの辺りの問題は起きなかったんだろうなーと。むしろ、もっと効率的に学習ができて、席次も高かったかも。最終合格=ゴールじゃなくて、省庁内定=ゴールなので。

「官庁訪問に席次は重視されない」という意見もありますが、少しでもライバルよりも上位にいたほうが有利になることは自明なので、賢く投資して成果をあげるのも戦略としては◎です。

 

2官庁訪問対策も万全。省庁攻略のための「冊子」まで手に入る

出典:ヤフオク!

僕が国家公務員試験の官庁訪問を通して痛感したのが、予備校の持つネットワークと情報力の強大さです。僕の肌感覚では、独学合格者は少数派で、大半の学生がTAC、LEC、大原といった大手予備校の生徒でした。彼らが小脇に抱えていたのが、「官庁訪問対策本」。

そんなもの、当然ですが市販されていません(オークション等で手に入りますが、旧版なので役に立ちません)。一度、仲良くなった人に中身を見せてもらったことがありましたが、普通では知り得ないような超具体的なアドバイスが書かれてあって驚きました。

予備校のOBに当たる現役職員からのリークや、全国の受験者らの知見が結集されていて「ああ、予備校に入るメリットはここにあったんだ」とそのときになって痛感しました。これはあくまでも一例ですが、この経験から「予備校なんて」と一蹴するのは一切やめることにしました。

効率的な学習による時間短縮、独自のネットワーク・情報をお金で買えるわけですからねー。

 

次のページ国家総合職の合格におすすめ予備校3校を徹底比較!!