広告主様を募集しています

合格者が徹底比較。国家公務員(総合職)試験合格にオススメの予備校3選

国家総合職に合格して官僚になりたいけど、
自分一人で勉強できる自信が無い・・・。

そんなあなたに向けて、この記事を書きました。はじめまして、元国家公務員ブロガーの相原 ユーキです。

僕は2014年の4月からの一年間の「独学」で国家総合職(法律区分)に最終合格することができました。

個人情報部分は伏せてます。

ちょっと黒塗りしすぎて証拠としては機能してない感もありますが…(笑)。一応、正真正銘 僕の合格通知書です。

国家総合職「独学」合格のための参考書・教材・過去問28冊(勉強法も網羅)

 

まえがき

独学期間について、もしも一言で表すなら「死ぬほど骨が折れた」です。

独力で勉強する中で培ったスキルもありましたが、同時に痛感したのが圧倒的な「情報力」不足。予備校に通っていなかった僕は完全な情報弱者でした。

独学の「非効率性」について敢えて語ってみようと思う

仮にもう一度国家総合職試験を受けるなら、予備校に入るかもしれません。

僕の場合、予備校に入らずに試験勉強や官庁訪問で苦戦したからこそ、そのありがたみやメリットがわかるんですよねー。

   

今回の記事では、国家総合職最終合格・官庁訪問突破を100%絶対に果たしたい方にオススメの予備校・スクールを3校ご紹介します。

受講料はウン十万円します。ぶっちゃけ高いです。

しかし、就活や公務員試験では「情報力」の差が命運を分けます。ここで勇気を持って投資できるかどうかで、今後40年の人生が真面目に変わってきます。

そう考えれば、将来官僚として働くための「投資」としては安すぎるぐらいでしょう。

 

次のページ国家総合職の合格に予備校利用が有効である2つの理由