英語の達人ATSUと対談#2 グローバルを切り拓いた実行力と“逆算”思考

こんにちは、相原 ユーキです。

前回に引き続き、英語の達人“ATSU”のインタビューをお届けします。

「俺の英語学習は回り道ばかりだった」英語の達人“ATSU”が生まれるまで(前編)

対談の「前編」では、中学〜高校時代のATSUがどのようにして英語学習へのモチベーションを高め、アプローチし始めたのかという点にフォーカスしました。

今回はいよいよ大学編。YouTubeやブログ運営で頭角をあらわし始めるのがこの時期。グローバルを切り拓くための“逆算”思考に迫っていきます。

参考になる話が多すぎて目からウロコでした! このまま続きをどうぞ。

「わかる」から「使える」へ。

相原 ユーキ

大学での英語学習っていうのは、高校生の時の「延長」という感じだったの?
そうだね。ただ、より実践的に「使える」ことにフォーカスした英語学習を開始した、っていう感じだよね。

ATSU

相原 ユーキ

使えること、ね。
やっぱり高校生までは、(ほとんどの人が一緒だと思うけど)英語のテストで「良い点数」を獲ることがゴールだったけど、

 
大学に入ってから、例えば海外からの交換留学生と会って英語で話したりしてみると「ああ、やっぱり英語を話すのは楽しいな」と思ったし、

 
「もっと話せるようになったらカッコいいよな」みたいなピュアな気持ちで「話す」ための勉強をしはじめたんだよね。

ATSU

相原 ユーキ

なるほどなー。
ただ、やっぱり英語を話す機会はなかなかなくて。(オンライン英会話の)レアジョブを始めたり、あとは何したかなー

ATSU

関連記事【無料体験あり】僕が心からお薦めするオンライン英会話5校を徹底比較!

相原 ユーキ

英語の「独り言」 は大学からはじめたの?
うん、そうだね! あと、YouTubeはじめたのも大学からだな。

ATSU

相原 ユーキ

おお、YouTube。確か「Real Japanese Studio」っていう、外国人に日本語のカジュアル表現を教えるチャンネルをやってたよね!
そうそうそう。当時は、あくまでも自分が勉強したこと(英語)を使うことのできる「機会」を作るためにやってただけで、YouTubeを見てくれている人のためのチャンネルではなかった(笑)。

ATSU

相原 ユーキ

今でこそ英語系YouTuberは多いけど、ATSUが動画を上げはじめた当時は「YouTuber」っていう言葉すらまだ無かった。目のつけどころが早かったよね。
うん、確かにそうかも。

ATSU

よりchallengingな環境で、英語を使って働きたい。

相原 ユーキ

大学在学中に、英語系の資格試験もどんどん取っていった?
大学1年の時に 英検準1級 と TOEIC970。大学2年では 英検1級 と TOEFL(iBT)103 だったかな。

ATSU

相原 ユーキ

す、すげーー
英検1級を取ったぐらいのタイミングで、「海外で働きたい」、「英語を使って仕事がしたい」っていう気持ちが本格的に出てきた。

 
そんな中で(やってみたいと)考えてたのが「交換留学」とか、あとは「“外資系”に就職」とか。

 
“外資系”が何なのかすらよく分かってなかったけど(笑)。

ATSU

相原 ユーキ

(笑い)
あとは「国際事業部」とか。名前だけは聞いたことあるけど中身が全然イメージできないのにね。浅い考えでさ。

ATSU

相原 ユーキ

うんうん。(確かに、大学生が言いそう。)
でもさ、例えば海外で英語を学ぶとして、「交換留学」って希望さえすればほとんど人が実現できちゃうじゃん。学内でちょっと英語ができればそこまで苦労せずに行けるわけだし。

 
それに、1年行ったところで、結局は自分のホームに戻ってこられる。正直「そんなにchallengingじゃないよなー」と思って、当時の自分にはぬるま湯に見えちゃったんだよね。

ATSU

相原 ユーキ

なるほどねー。
あとは、英語環境で働くとして。“外資系”とは言っても「日本の会社」だから、日本人に囲まれている中でちょこっと英語を使うような状況って「守られ」ちゃっててハードじゃない

ATSU

相原 ユーキ

「守られてる」。
うん。あとは仮に「総合商社」とかに入れたとしても、自分が行きたい国に行けるかもわからないし、そもそもいつ行けるかもわからない。

 
あくまで自分の考えだけど、「言語とか文化を最も吸収できるのは若いうち」っていうのは感覚的に感じてた。歳をとるとやっぱり価値観とかがどんどん凝り固まってしまうから。

 
だから、なるべく20代のうちに海外に挑戦したかったんだよね。

ATSU

グローバルを切り拓いた“逆算”思考

本気で海外で仕事を獲りに行くにはどうすべきかを考えたときに、とりあえず「専門職」に就くのが一番良いと思ってて。

 
やっぱり「一般職」とか「ジェネラリスト」的な考えで海外に突っ込んで行くと、ネイティブと戦ったときに当然英語力の面で劣ってしまって、採用される可能性が非常に低くなる。

ATSU

相原 ユーキ

うんうん。
でも、専門職だったら「専門的なスキル」が問われるわけだから、その能力を磨ければ、英語力が多少劣っていても採用される可能性が十分残る。

 
というのがlogically make senseするなーと。

ATSU

相原 ユーキ

海外就職には「言語」と「専門性」が必須、か。
なおかつ、海外で働くなら「ビザ」の問題もある。ちゃんとビザを獲得できるようなフィールドで勝負しなきゃいけない。

 
じゃあ「ビザが取れる専門職」って何かなーと考えたときに、俺の場合、大学が商学部だったから「Accounting」というものに行き着いて。

ATSU

相原 ユーキ

ほう。
じゃあ「会計職でビザが取りやすい国」ってどこかなーと考えると、オーストラリアが選択肢に浮かんできた。

 

調べてみると、その国のdegree(学位)があったほうがビザ取得の際に有利になることも分かった。じゃあ現地の大学院に行って、専門性の高い「会計学修士」を取ってみよう、と。

 
じゃあそのためにはどこの大学院が良いか、ということで、オーストラリアの中でもレベルが高いと言われていたANU(オーストラリア国立大学)に進もうかな、という感じ。

ATSU

相原 ユーキ

なるほどなー。ちゃんとゴールから“逆算”して、

 
じゃあそのためにはどうしたら良いの?」→「じゃあそのためにはどうしたら良いの?」→・・・

 
って感じで掘り下げていく、と。

そうそうそう、まさにその通り。

 
じゃあ今度は「何をすべきか」ということで、

  1. 英語力の要件(TOEFLスコア等)の充足
  2. USCPA(米国公認会計士)試験の勉強
  3. 留学資金の確保

の3つが必要だったので、それぞれ取り組んでいった感じかな。

ATSU

相原 ユーキ

タスクが具体的になってきたね。
勉強に関しては、TOEFLは103点、CPAは4科目中3科目合格。

 
留学費用は2年間で600万ぐらいかかるけど、資金の目処はどうなるかわからないまま、とりあえず出願だけして。

 
そんな時、ちょうど「ロータリー国際親善奨学金」っていう奨学金が下りたり、あとはアルバイトをしたり、親に借金したりしてなんとかお金は工面できたかな。

ATSU

相原 ユーキ

なるほどー。
あとは、日本の大学を3年で早期卒業できたから、そのぶんの授業料が浮いたのもある。

ATSU

相原 ユーキ

お、おう。

ちなみに僕は6年間も在学しました。。

…っていう流れで、なんとかオーストラリアの大学院に留学できた感じかな。

ATSU

相原 ユーキ

なるほど、ついに海を渡るわけだ!

今回の対談では、「わかる」から「使える」へ、ATSUの英語学習への姿勢が大きく変容した様子に迫りました。

また、「challengingな環境で英語を使って働きたい」という思いを実現するために、どのような“逆算”してアプローチしたのかも見てきました。

相原 ユーキ

まだまだ撮れ高があります(笑)。

次回(第3弾)のインタビュー記事では、海外大学院留学を経て世界最大の監査法人に就職し、さらに活躍の場を広げ続けている「現在」のATSUにフォーカスしてきます。

引き続きお楽しみください!

ブログAtsueigo
SNS@atsueigo

〈取材・文・撮影=相原 ユーキ(@englishkobo)〉

 

ATSU考案「English Intelligence」のすヽめ

English Intelligenceとは、英語学習でぶち当たった「壁」を論理的思考を用いて独力で乗り越えていく、という考え方。

出典:Atsueigo

ATSU考案のこの教材は、「ただ単に知識をシェアして終わり」ではなくて、自分の頭で考える「一生モノのスキル」をインストールすることができるものなので非常にお薦め。

税込9800円のパッケージには、

  1. トータル1時間を超えるATSUの講義動画
  2. 46ページに及ぶ「English Intelligence」テキスト(PDF)
  3. 62ページに及ぶオリジナル講義スライド(PDF)

が含まれていて、ATSUのきめ細かい解説が全編でなされています。

正直、イチ教材としては決して安くありません。

ですが、間違いなく価格以上の価値があります。本気で英語力を伸ばしたい人だけ勇気を持って「投資」してみてください。

English Intelligenceを購入する