相原 ユーキ のプロフィール

相原 ユーキ のプロフィール

 

はじめまして。

『aihara blog』を運営しています、相原 ユーキです。

Photo by @kymsk4

 

ざっくりプロフィール

名前とか

相原 有希(あいはら ゆうき)

1990/04/06 27歳

東京都新宿区生まれ

北海道札幌市育ち

 

職業

ブロガー、ライター、キュレーター、イラストレーター、デザイナー、翻訳家

 

趣味

タスク管理、英語学習、カメラ、ミニマリズム

 

資格・スコア

TOEIC 985点

英検1級

日商簿記2級

国家総合職試験(法律区分)

(米国公認会計士(NY州) 全科目合格予定)

 

 

時間がある人向けプロフィール

幼少期(0歳〜4歳)

1990年4月6日、東京都新宿区で生まれました。

父親は国鉄の職員、母親はパート。共働きの庶民一家。2歳年下の弟も生まれ、四人家族の長男に。

その後しばらくして、父親が国鉄を辞めて北海道に移住することになります(父も母も元々は北海道の出身でした)。

 

少年期(5歳〜6歳)

東京の友達と離れるのが嫌で、信じられないほど泣いたそうです。

移住後、ぼくは札幌の幼稚園の「ねんちゅう」クラスに編入し、新生活がスタートしました。

 

小学校時代(7歳〜12歳)

小学校ではサッカー少年団に入部し。ポジションはフォワードで、地域の選抜チームに所属するぐらいけっこう頑張っていました。

そのほかにも、ゲームボーイ版のポケモンやドラクエ、遊戯王カードに熱中していて、友人とよく遊んでいたのを覚えています。

 

中学校時代(13歳〜15歳)

中学2、3年のころのクラスはとにかく楽しくて、まさに人生のハイライトの一つだと思っています。

大人になった今でも年に一度会って飲むような仲の友人が数人いるのですが、彼らとも中学時代に出会いました。

 

高校時代(16歳〜18歳)

ぼくがの中学校は進学校として有名で、地元の有名公立高校にすすむ人が多かったんです。

ただ、ぼくはあまり一生懸命勉強していなかったし、高校なんてどこでもいいと当時は思っていました。

結局自宅から徒歩10分ぐらいの私立高校に入学することに。

一応「特別進学コース」で、特待生にも選ばれたため、授業料は三年間無償でした。

 

大学時代(19歳〜)

北海道小樽市にある国立大学へ進学。商学部しかない単科大学です。

軽音サークルに所属したのち、他大学(北海道大学)のアカペラサークルに入部。

リードボーカルとしてあちこちで歌っていました。人生で一番ハマったのが歌だと思います。

大学にはほとんど行かずに練習の日々。気づいたころには、GPAは1を割っていました。

 

オーストラリア留学(22歳〜23歳)

大学2年次、早々に留年が決まってしまい、どうしようか色々と思案した結果「留学」の2文字が浮かびました。

留学先はオーストラリア、滞在ビザはワーキングホリデー。目的は「自活力(胆力)」と「英語力」の向上。

それまでに何も成し遂げたことがなかったから、そのタイミングで何か「人と違うこと」がしたかったんですよね。

・・・

 

帰国後、就活(23歳〜24歳)

coming soon

 

ニート時代(25歳)

coming soon

 

国家公務員時代(26歳)

coming soon

 

TABI LABO時代(27歳)

coming soon

 

現在

coming soon