『夜市』だけじゃない。恒川光太郎のおすすめホラー作品12選

恒川光太郎のプロフィール

1973年東京都生まれ。大東文化大学卒。2005年「夜市」で日本ホラー小説大賞を受賞。単行本はデビュー作にして直木賞候補に。続く『雷の季節の終わりに』と『草祭』『金色の獣、彼方に向かう』は山本周五郎賞候補、『秋の牢獄』『金色機械』は吉川英治文学新人賞候補と、新作を出すごとに注目を集めている。


出典:角川書店

どこか懐かしいけれど、ちょっぴり不思議で、たまに首筋がひんやりするような感覚は、一度ハマったら抜け出せません。

世にも奇妙な物語や、朱川湊人が好きな人にはジャストミートするかと。

今回の記事では、「恒川ワールド」が楽しめる作品を12冊ピックアップしてご紹介します。

Ads by Google

1. 『夜市』

妖怪たちが様々な品物を売る不思議な市場「夜市」。ここでは望むものが何でも手に入る。小学生の時に夜市に迷い込んだ裕司は、自分の弟と引き換えに「野球の才能」を買った。野球部のヒーローとして成長した裕司だったが、弟を売ったことに罪悪感を抱き続けてきた。そして今夜、弟を買い戻すため、裕司は再び夜市を訪れた―。奇跡的な美しさに満ちた感動のエンディング! 魂を揺さぶる、日本ホラー小説大賞受賞作。

恒川光太郎を読むなら、まずは『夜市』からどうぞ。主人公裕司の心の闇と罪の意識がテーマの、ちょっとダークな作品です。併せて収録されている『風の古道』は、『蟲師』の世界観が好きな人に特におすすめ。

2. 『月夜の島渡り』

鳴り響く胡弓の音色は死者を、ヨマブリを、呼び寄せる―。願いを叶えてくれる魔物の隠れ家に忍び込む子供たち。人を殺めた男が遭遇した、無人島の洞窟に潜む謎の軟体動物。小さなパーラーで働く不気味な女たち。深夜に走るお化け電車と女の人生。集落の祭りの夜に現れる予言者。転生を繰り返す女が垣間見た数奇な琉球の歴史。美しい海と島々を擁する沖縄が、しだいに“異界”へと変容してゆく

恒川作品の短編は、作品どうしが「世界観」や「舞台」で絶妙にリンクしています。本作では沖縄を舞台に7つの奇妙なストーリーが綴られますが、一気にのめり込んで通読してしまうはず。

3. 『南の子供が夜いくところ』

からくも一家心中の運命から逃れた少年・タカシ。辿りついた南の島は、不思議で満ちあふれていた。野原で半分植物のような姿になってまどろみつづける元海賊。果実のような頭部を持つ人間が住む町。十字路にたつピンクの廟に祀られた魔神に、呪われた少年。魔法が当たり前に存在する土地でタカシが目にしたものは―。時間と空間を軽々と飛び越え、変幻自在の文体で語られる色鮮やかな悪夢の世界。

生き別れた一家が迷い込んでしまったのは、高熱でうなされている時に見る夢のような、なんとも言えない世界観が広がる南の島。『月夜の島渡り』とは、また少し違った味わいです。

4. 『竜が最後に帰る場所』

しんと静まった真夜中を旅する怪しい集団。降りしきる雪の中、その集団に加わったぼくは、過去と現在を取り換えることになった―(「夜行の冬」)。 古く湿った漁村から大都市の片隅、古代の南の島へと予想外の展開を繰り広げながら飛翔する五つの物語。日常と幻想の境界を往還し続ける鬼才による最重要短編集。

恒川光太郎の作品には、しばしば霊獣や神獣のようなものが登場し、読者を異世界に誘う役割を果たします。本書では「竜」が一つのキーワードになっています。『鸚鵡幻想曲』という短編作品が個人的におすすめ。

5. 『金色の獣、彼方に向かう』

元寇に際して渡来した一匹の獣。姿形を変え、時に悠然とたたずみ、時に妖しく跳梁する。古より潜むものたちの咆哮を、瞠目の幻視力で紡ぐ、傑作ダークファンタジー四篇。

鼬や雷獣をめぐる短編が並ぶ本作。中でも『風天孔参り』という作品では、救いがないようでいて救われるような、何とも言えない読後感が味わえる作品。

6. 『雷の季節の終わりに』

雷の季節に起こることは、誰にもわかりはしない―。地図にも載っていない隠れ里「穏」で暮らす少年・賢也には、ある秘密があった―。異界の渡り鳥、外界との境界を守る闇番、不死身の怪物・トバムネキなどが跋扈する壮大で叙情的な世界観と、静謐で透明感のある筆致で、読者を“ここではないどこか”へ連れ去る鬼才・恒川光太郎、入魂の長編ホラーファンタジー。

恒川光太郎では割と珍しい長編モノ。雰囲気的には、貴志祐介の『新世界より』に少しだけ似ているような気がするので、貴志ファンにはおすすめです。ぼくは短編集のほうが好きですが。

Ads by Google

7. 『秋の牢獄』

11月7日水曜日。女子大生の藍は秋のその一日を何度も繰り返している。何をしても、どこに行っても、朝になれば全てがリセットされ、再び11月7日が始まる。悪夢のような日々の中、藍は自分と同じ「リプレイヤー」の隆一に出会うが…。世界は確実に変質した。この繰り返しに終わりは来るのか。表題作他二編を収録。名作『夜市』の著者が新たに紡ぐ、圧倒的に美しく切なく恐ろしい物語。

「囚われる」ことを3つの短編から描写している本作品。テイスト的には『夜市』や『風の古道』に近いので比較する人も多いですね。収録作の『神家没落』は後味の悪さを残しますが、この辺りも恒川光太郎の魅力の一つでしょう。

8. 『草祭』

たとえば、苔むして古びた水路の先、住宅街にひしめく路地のつきあたり。理由も分らずたどりつく、この世界のひとつ奥にある美しい町“美奥”。母親から無理心中を強いられた少年、いじめの標的にされた少女、壮絶な結婚生活の終焉をむかえた女…。ふとした瞬間迷い込み、その土地に染みこんだ深い因果に触れた者だけが知る、生きる不思議、死ぬ不思議。神妙な命の流転を描く、圧倒的傑作。

美奥(びおう)という架空の土地がたまらなくノスタルジックな作品。新潮文庫から出ているからなのか、ほかの作品よりもダークな要素は少ないです。が、そのぶん、読後しばらくぼーっとしてしまうような恍惚感が味わえるはず。

9. 『スタープレイヤー』

路上のくじ引きで一等賞を当てた斉藤夕月。異世界に飛ばされ、10の願いを叶えられる「スタープレイヤー」に選ばれたと聞かされる。その使い道を考えるうちに目の当たりにするのは、自らの暗い欲望、人の抱える業の深さ、祈りの尊さ…。折しもマキオと名乗る別のスタープレイヤーが来訪、国家民族間の思惑や争いに否応なく巻き込まれていくことになり―。RPG的興奮と壮大な神話世界を融合させた未曾有の創世記!

本作『スタープレイヤー』は国づくり系RPG好きには絶対に刺さるファンタジー。恒川光太郎のそれまでの作風とはずいぶん違うので、好き嫌いが分かれるかもしません。もしも願いが10個叶うとしたら、何をするだろうか?と考えさせられます。

10. 『ヘブンメイカー (スタープレイヤーⅡ)』

高校二年生の孝平はバイクで事故にあい、気づくと見知らぬ町にいた。「死者の町」と名付けられた地で、孝平は他の人間とともに探検隊を結成し、町の外に足を踏み出す。一方、自暴自棄になっていた佐伯逸輝は、砂浜で奇妙な男に勧められクジを引くと―見知らぬ地に立ち、“10の願い”を叶えられるスターボードを手に入れる。佐伯は己の理想の世界を思い描くが…。『スタープレイヤー』に連なる長編ファンタジー第2弾

『スタープレイヤー』の続編。前作が舌に合うようであれば、こちらも一気読み推奨!

11. 『金色機械』

触れるだけで相手の命を奪う恐ろしい手を持って生まれてきた少女、自分を殺そうとする父から逃げ、山賊に拾われた男、幼き日に犯した罪を贖おうとするかのように必死に悪を糺す同心、人々の哀しい運命が、謎の存在・金色様を介して交錯する。人にとって善とは何か、悪とは何か。

時代設定は江戸なのに「金色様」と呼ばれる金色のメカが登場するというトンデモSF設定。でも、恒川光太郎の独特の薄気味の悪さと異界感は健在なので、食わず嫌いせずに読んでみていただきたい。

12. 『無貌の神』new!

この世ならざる和風情緒が漂う表題作ほか、流罪人に青天狗の仮面を届けた男が耳にした後日談、死神に魅入られた少女による七十七人殺しの顛末、人語を話す囚われの獣の数奇な運命… 暴力と不条理にあふれた世界に生きるやるせなさを幻想的にあぶり出す、大人のための暗黒童話全六篇!

安定のダークミステリー〜ファンタジーが、お腹いっぱいの6編収録。作品の出来について珍しく賛否が分かれていますが、ここまで読み進めていただいたあなたには『無貌の神』もおすすめしておきたいです。

恒川光太郎の作品を読み尽くしたいあなたへ

本格的に恒川作品を読み漁りたいなら、月額980円で17万冊が読み放題になる「kindle Unlimited」を利用するのが賢いと思います。

通常のプライム特典「Prime Reading」ではカバーしきれなかった本も読めるので、読書家にはほんとうにオススメ。

30日間の無料トライアル後に解約すれば、お金は一切かかりません

今すぐ17万冊を読み放題する


読書は目に優しいKindle Paperwhiteで

kindleで採用されている「電子インク」なら、紙の本を読んでいるのとまったく同じ感覚で読書を楽しめます。中堅機の”Paperwhite”が一番オススメかな。