美しい上に、高性能。相原オススメのwordpressブログテーマ5選

WordPressでブログ運営をはじめて1年以上経ちますが、ほんとうに数多くのブログテーマに手を出してきました。

MEMO
飽き性なので、しょっちゅうテーマを変えていました(笑)。ぼくほど頻繁にブログを改造する人はいないんじゃないかな・・・

今回の記事では、今までに使用した中でも「本当に気に入っている」ブログテーマを5つセレクトしてご紹介します!

シンプルでお洒落、かつ高性能!というズルいテーマばかりなので、ご購入の参考にしてみてください。

はじめに

なぜ有料のブログテーマがオススメなのか?

WordPressのブログテーマには、無料のものと有料のものがあります。が、ぼくは有料テーマのほうを断然オススメします。

1万円を超えるような高級テーマでは、IT知識がなくてもデザインのカスタマイズが直感的におこなえます。また、SEOに強い設定があらかじめ済んでいます。

ブロガーの本分はとにかくコンテンツ(記事)を生み出すことなので、余計な作業に時間を取られず「執筆作業」にドップリと集中できる有料テーマのほうが良いんですよね。


ブログテーマを選ぶ上での、3つの重要な要素とは?

ブログテーマを選ぶときに、ぼくは以下の3つの基準を重視しています。

  1. デザインがシンプルでお洒落であること
  2. SEO(検索エンジン最適化)性能が高いこと
  3. レスポンシブ対応で、モバイル専用のカスタマイズができること

これらの条件をバッチリ満たすブログテーマを5つ、これから紹介していきますね!


ざっくり比較したい人は、こちらをどうぞ


「ストーク」の評価
美しさ
(3.5)
操作性
(4.5)
SEO
(4.0)
価格
(3.5)
総合
(4.0)

お値段
税込 10800円

カンタン設定で、誰でもすぐに使い始められる


「SANGO」の評価
美しさ
(5.0)
操作性
(5.0)
SEO
(4.0)
価格
(3.5)
総合
(4.5)

お値段
税込 10800円

SANGOの販売ページ
に飛んでみる

誰でも簡単にマテリアルデザインに!


「New Std」の評価
美しさ
(4.0)
操作性
(4.0)
SEO
(5.0)
価格
(2.5)
総合
(4.0)

お値段
税込 18900円

New Standardの
販売ページに飛んでみる

クーポンの入力をお忘れなく!!
注意
「New Standard」の購入時に以下ののクーポンコードを入力すれば10%オフ!! 18900円→17010円と、1890円もお得になるのでお忘れなく。
クーポンコード:
NQJ2Z5EB


「COLORS」の評価
美しさ
(4.0)
操作性
(3.0)
SEO
(2.5)
価格
(5.0)
総合
(3.5)

お値段
税込 6680円

「安くてオシャレ」を叶えるならこれ


「ルミナス」の評価
美しさ
(5.0)
操作性
(3.0)
SEO
(2.5)
価格
(5.0)
総合
(4.0)

お値段
税込 8980円

とにかく美しいサイトを作りたいならこれ


以下、一つずつブログテーマを見ていきましょう。


1. 初めてのテーマに。オープンケージの「ストーク」

「ストーク」の評価
デザインの美しさ
(3.5)
カスタマイズのしやすさ
(4.5)
SEO性能の高さ
(4.0)
価格のお手頃さ
(3.5)
総合評価
(4.0)


ストークって、こんなブログテーマ

ストークは、オープンケージという会社から発売されているWordpress用ブログテーマです。

スマートフォンでの使用感にとことんこだわり、見た目のインパクトよりも「使いやすさ」「読みやすさ」にこだわりました。

という触れ込みに違わず、スマホユーザーを念頭に置いた設計になっています。

価格は10800円と、お手ごろ。これから本格的にブログ運営をはじめたい、という人にオススメしたいテーマです。


ストークの惜しいところ

動作がやや重たいときがある・・・

気になるかならないかのレベルですが、動作がやや「モッタリ」していると感じたことがありました。テーマ自体に標準装備されている機能が豊富なので、プラグインはあまり入れすぎないほうがベター。

デザインが「クドイ」と感じる人も・・・

ストークでは、細部の細部まで凝ったデザインになっていますが、これが人によっては「クドイ」と感じるかもしれません。ぼくはパンくずナビや投稿日時のフォントをCSSで変更したりしていました。ちょちょっと弄れる人なら問題ないかと。


ストークの良いところ

とにかく直感的で、カスタマイズしやすい!

無料テーマから「ストーク」に引っ越ししてみると、有料ブログテーマがいかにすぐれているかを思い知ることになると思います。サイドバーのウィジェットからトップページのヘッダーまで、思ったようにカスタマイズできます。サイトカラーもツマミひとつで一括変更できるので、ITに明るくなくても大丈夫。

充実のショートコードで、ボタンやボックスの挿入が容易!

色々なシェイプ、カラーのボタンをワンクリックで配置できる「ショートコード」が充実しているのも嬉しいですね。

ストークのダウンロードはこちらから

・・・とレビューしてきましたが、初心者の方でも安心して運用できるのが「ストーク」の最大の魅力だと思います。下のボタンからオープンケージのサイトに飛べますので、デモサイトを色々動かしてみてください。

カンタン設定で、誰でもすぐに使い始められる

ストークのレビュー記事
を読んでみる

このテーマを実際に使用した筆者が徹底レビュー!



2. 至高のユーザビリティ。サルワカの「SANGO」

「SANGO」の評価
デザインの美しさ
(5.0)
カスタマイズのしやすさ
(5.0)
SEO性能の高さ
(4.0)
価格のお手頃さ
(3.5)
総合評価
(4.5)


SANGOって、こんなブログテーマ

「SANGO」は、Webメディア「サルワカ」から派生して開発されたWordpress用ブログテーマ。

SANGOは訪れる人々の「居心地の良さ」を第一に考えてデザインされています。ストレス無く、つい長居したくなるような心地よさを追求しました。

とあるように、読んでいても使っていても、とにかく気持ちの良いテーマです。Googleが提唱している「マテリアルデザイン」という規格をいち早く採用しており、ユーザーが直感的に操作をおこなえるようなインターフェイスを実現しています。

サルワカのデザインが好きな人は「SANGO」一択ですね。


SANGOの惜しいところ

良くも悪くも、サルワカのデザインに似てしまう・・・

SANGOの「ふわっとしたデザイン」は目新しくてぼくは大好きですが、どうしても本家「サルワカ」と見た目がかぶってしまいます。これは宿命ですねー。SANGOを利用しているブロガーもじょじょに増えてきているので、読者の印象に残るような「コンテンツ」で差別化する必要がありそうです。

まだリリースしてから日が浅く、改善点もある・・・

テーマの完成度はすでにかなり高いですが、まだまだ発展途上の部分も。とは言え、サルワカの中の人が鋭意対応しているため、アップデートのたびに成長している感じですね。


SANGOの良いところ

Googleのマテリアルデザイン採用で、超絶オシャレ!

Googoleが提唱している「マテリアルデザイン」とは、ブログパーツの色や質感、配置などを厳格に定めているルールのこと。「SANGO」でもこの思想は採用されていて、ユーザビリティがものすごく高いテーマになっています。一度触ってみていただきたい。

痒いところすべてに手が届くような、自由度の高いカスタマイズ性!

従来のブログテーマではなかなか設定しづらかった部分も、「SANGO」ならサクッと済みます。例えば、見出しのデザインは30種類から選べたり、箇条書きのデザインも20種類以上あったり。SANGOの標準機能でできないことは無いんじゃないかなーと思いますよ!

SANGOのダウンロードはこちらから

サルワカのような清潔感のあるデザインが好きで、読んでいて気持ちの良いサイトづくりがしたいなら「SANGO」がオススメです。価格はストーク同様10800円。ダウンロードしたzipファイルは(本人利用であれば)転用できるので、複数のサイトを運営している人はまとめて「SANGO」にテーマ設定できるのも◎。

SANGOの販売ページ
に飛んでみる

誰でも簡単にマテリアルデザインに!



3. ビジネスホルダー向け。ninoyaの「New Standard」

「New Standard」の評価
デザインの美しさ
(4.0)
カスタマイズのしやすさ
(4.0)
SEO性能の高さ
(5.0)
価格のお手頃さ
(2.5)
総合評価
(4.0)


New Standardって、こんなブログテーマ

「New Standard」は、Webマーケティングの老舗「ninoya」が開発したWordpress用ブログテーマ。SEO経由の集客に主眼に置いており、個人事業主から企業まで、幅広いクライアントのビジネスユースに応えられる作りになっています。

サポート体制もしっかりしているので、サイト運営の経験がなくても「丸投げ」してしまえるのも◎。


New Standardの惜しいところ

広告の配置等、ほんの少しだけ制限がある・・・

個人ブログを運営する上では、記事の上下のスペース等にウィジェットや広告を設置したいシーンがあると思います。「New Standard」はこうしたカスタマイズが少しだけ苦手で、柔軟性に欠けるのかなーと感じました。もちろん、全然許容範囲ですが。

価格が18900円〜と、けっこう高い・・・

「New Standard」の本体価格は税込18900円。他のブログテーマと横並びになったときに、やはり初期費用の高さが目についてしまいますね。ある程度予算を割くことのできる個人事業主や中小企業なら、あまりネックにはならないと思いますが。


New Standardの良いところ

コーポレイトサイト向けの嬉しい機能がたくさん!

「New Standard」は、コーポレイトサイト向けの機能が豊富です。例えば、画面右上に配置できる「SNSボタン」や「営業時間」、「予約ボタン」など。他にも、トップページに固定ページを設定して「サイトマップ」風にする機能も使いやすいです。

SEOが、他のどのブログテーマよりも高性能!

「集客_コンサルティング」というキーワードで、Google検索で1位表示を守り抜いているninoyaさんには、SEO最適化の豊富な知見があるんですよね。集客→売り上げの導線が作れるから、しっかりと結果に直結するサイトが作れます。ブロガーよりもアフィリエイター向きのテーマでしょうか。

New Standardのダウンロードはこちらから

Google検索から顧客を引き上げ、コンバージョン(成約)の導線に載せたい! そんな風に考えているアフィリエイターや事業主の方には「New Standard」がオススメ! また、サイト作りにあまり時間がかけられないという人は、サポートを使い倒しちゃいましょう。

注意
購入時に以下のクーポンコードを入力すれば10%オフ!! 18900円→17010円と、1890円もお得になるのでお忘れなく。
クーポンコード:
NQJ2Z5EB

New Standardの
販売ページに飛んでみる

クーポンの入力をお忘れなく!!

このテーマのレビュー記事
を読んでみる

このテーマを実際に使用した筆者が徹底レビュー!



4. カラフルで、ブログが楽しくなる。Digipressの「COLORS」

「COLORS」の評価
デザインの美しさ
(4.0)
カスタマイズのしやすさ
(3.0)
SEO性能の高さ
(2.5)
価格のお手頃さ
(5.0)
総合評価
(3.5)


COLORSって、こんなブログテーマ

デザイン性にすぐれていることで有名なDigipressから販売されている「COLORS」。その名の通りビビットな色彩が特徴的で、ブログ運営が今よりもずっと楽しくなります。グローバルメニューのカラーバーがチャームポイントでしょう。

意外とCOLORSを使っているブロガーさんは少ないので、被らなくて済むのも良いですね。


COLORSの惜しいところ

管理画面が使いづらい・・・

COLORS、Luminous共通なので「Digipress」の課題でしょうが、管理画面がかなり使いづらいですね。慣れるまでは苦痛でした(笑)。


COLORSの良いところ

価格が安く、手を出しやすい!

COLORSは、1ライセンスのみ利用の場合、わずか6680円。この記事で紹介したどのテーマよりも安価なんです。「ブログをオシャレにしたいけど、あまりコストがかけられない・・・」という人は検討の余地有りかと。

COLORSのダウンロードはこちらから

安価に、オシャレなサイトを作りたいならCOLORSが候補に上がってくると思います。HTMLやCSSをある程度いじれるぐらいのスキルが問われますが、まぁこちらも慣れなので問題ないかと。

「安くてオシャレ」を叶えるならこれ




5. 圧倒的に美麗。Digipressの「Luminous」

「Luminous」の評価
デザインの美しさ
(5.0)
カスタマイズのしやすさ
(3.0)
SEO性能の高さ
(2.5)
価格のお手頃さ
(5.0)
総合評価
(4.0)


Luminousって、こんなブログテーマ

Digipressがリリースしている中でも、もっとも美しいブログテーマが「Luminous」だと思います。

デモサイトに飛んでみてもらえばわかりますが、ファーストビューのインパクトが半端じゃありません。個人ブログもいいでしょうが、アーティストのポートフォリオとかに向いているんじゃないかなぁ、と。


Luminousの惜しいところ

オシャレだが、サイトが重くなる・・・

レビュー記事なので手を抜かずにハッキリ言っておきますが、Luminousは重いです。ロードアニメーションが純正で用意されていることからも、ページの読み込みにはある程度の時間がかかることが織り込み済みなのかな?


Luminousの良いところ

パララックス・スクロールにも対応している!

最近、パララックス(視差効果)やスクロールダウン系のWebデザインが流行っていますが、Luminousのウィジェット機能を使えば簡単に再現できます。トップページを固定フロントにして、コンテンツまでしっかり誘導したい場合には重宝すると思います。ただ、重いですw

Luminousのダウンロードはこちらから

サイトのデザイン性を何よりも優先したい!というニーズにバッチリ応えられるのは、このLuminousでしょう。

価格は1ライセンス購入で8980円。COLORSよりは2000円以上高いですが、ストークやSANGO、New Standardよりはお手頃です。

何にしても、とりあえずは以下のボタンからデモサイトを覗いてみてください。

とにかく美しいサイトを作りたいならこれ




以上、ブログテーマ選びに役立てていただければmm