MOTTO

Webページに埋め込まれている「シェアボタン」って要らなくない?

Webページに埋め込まれている「シェアボタン」って要らなくない?

どうも、相原 ユーキです。

よくウェブサイトを閲覧していると、記事のタイトル下やコンテンツ下に「シェアボタン」って配置されているじゃないですか。こんなやつ

ぼくが以前運営していたブログのキャプチャ

これってマジで要らなくないですか?という話です。けっこうマイナーなトピックですが(笑)

 
Ads by Google

サイト埋め込み型のシェアボタンなんて使わない

ぼくは普段からよくニュースサイトやブログなどを閲覧しますが、ウェブページにデフォルトで配置されているシェアボタンを使用したことはただの一度もありません。

あ、記事のシェア・保存じたいはバンバンするんですけどね。タイトル下・記事下にあるシェアボタンがとにかく無意味だと思うというのが論旨です。

では、どうしてソーシャルのボタンを毛嫌いするのか? ページ埋め込みのシェアボタンを押すと、サービスのログイン画面とかが出てきて手間がかかることがその理由です。

わざわざIDとパスワードを入力して、ログインして、シェア。みたいのが死ぬほど面倒なんです。だから、ページに置いてあるボタンは絶対に使わない。

ブラウザ搭載のシェア機能のほうが早くて便利

ぼくはiPhoneとMacBook両方で、Safariを使ってウェブブラウジングをしているんですが、ブラウザの機能としての「シェア」で十分事足りるんですよ。

画面右上にエクスポートマークがあり、ここをクリックするだけでさまざまな連携サービスにアクセスできます。

ぼくは気になった記事をPocketにストックしていくので、Pocketを選択。2秒で保存完了です。

使い慣れたブラウザでシェア・保存したほうが手間がかからない。だから、ページ埋め込みのシェアボタンなんてまったく使う気が起きないんです。

 
Ads by Google

サイトごとにUIが違っていて、シェアボタンの視認性に差があるのが辛い

ウェブサイトのデザインは千差万別。HTMLとCSSをちょこっといじるだけで、サイトやパーツの見た目を様変わりさせることも可能です。

ということは、当然のことながら、サイトによってシェアボタンのサイズ感・色・デザイン・挙動が変わるわけです。

読む側としては、「保存」あるいは「シェア」というルーティーンがしたいのに、その始点となるボタンのUIが毎回毎回変わってしまうのは少々つらい。

これも、ウェブページに配置されているシェアボタンを使うことによる弊害の一つです。だったら、ブラウザの標準機能でシェアしちゃえばいいんじゃない?と思うんですよねー。

ページ下部に固定されているボタンもウザい

ただでさえ押されない(?)シェアボタンを、ページ下部に固定表示(スクロール追従)させているサイトもありますよね。

ああいうのも、読者としては正直「ウザいなー」の一言だったりします。誤クリックしそうで邪魔臭いし、文字が見えづらいし。

UXを犠牲にしてまでシェアボタンをゴリ押しする必要ってあるのかなーなどと、ぼくは思ってしまいます。

出典:lifehacker

ただ、大手メディアや有名ブログでも「スクロール追従型」のシェアボタンが採用されていたりするので、一定の効果はあるんでしょうねー。

ぼくはシェアボタンを外してみた

以上の理由から、ぼくのブログではシェア(ソーシャル)ボタンを取っ払ってみました。

  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Pocket
  • はてなブックマーク

の5つのソーシャル連携ボタンがキレイさっぱり非表示になり、ずいぶんスッキリした気がします。

今後はお使いのブラウザのエクスポート機能から、記事のシェアや保存をおこなっていただけばと。

(ちなみに、ぼくのブログの性格上、「広くシェアされる」というよりは「じっくり何度も繰り返し読んでもらえる」記事が多いのではないかと思っています)

それでは、引き続きよろしくお願いいたします。

 
Ads by Google

よく読まれている記事

当ブログでよく読まれている記事をまとめてみた。こちらも併せてどうぞ。