MOTTO

格安SIM「LINE MOBILE」で、スマホ代を月額8000円→1690円にする方法

格安SIM「LINE MOBILE」で、スマホ代を月額8000円→1690円にする方法

恥ずかしながら、ぼくも数年前までは3大キャリア(docomo, au, SoftBank)でスマホを契約して、毎月8000円近い料金を支払っていました

毎月毎月、問答無用で8000円〜1万円も出ていくのって、家計的にはけっこうキツイですよね。

ぼくは仕事・勉強・プライベートでスマホをアホほど使うので、通信スピードやデータ容量は確保しながらも、できるだけ安価に毎月利用できるかどうかが重要なんです。

  • 毎月の固定費を、なんとか安くしたい
  • 「格安SIMが良い」って聞くけど、正直よく分からない
  • 高速通信、大容量プランを「格安で」使いたい

今回の記事では、このように悩んでいる人に向けて、格安SIM「LINE MOBILE」でスマホ代を1690円まで節約する方法をイチからご紹介しますね。

数ある格安SIM業者の中から「なぜLINE MOBILEを選ぶべきなのか」という理由も併せて、かなり詳しく書いていきますよー。

 

 

そもそも、ケータイに月1万円って…

正直言って、3大キャリア(docomo, au, SoftBank)の料金プランって高すぎです…。そう思いません?

参考までに、3社の標準的なスマホ用料金プランの仕組みをざっくりと説明します。月々の料金の内訳は、だいたい以下のようになっていますよね

端末代金の割賦額は機種にもよるので置いておくとして、「基本料金」と「パケット定額(2GB)」だけで6000円を超えてしまうのが通常なんです。高すぎる!

気になった方は、公式サイトで確認してみてください docomoauSoftBank

LINE MOBILEの格安SIMなら、月々1690円ポッキリで済みます。この「浮いたお金」を、もっと有意義なことに使ってあげてください。

 

 

何故、LINE MOBILEを選んだのか?

「MVNO」と呼ばれる格安SIM事業者の数もどんどん増えていて、正直どのサービスを選んで良いのか分からないという人がほとんどでしょう。

ぼくも、これまでに「DMMモバイル」「OCN」「Freetel」等、さまざまな格安SIMを契約して使ったことがありますが、現時点ではLINE MOBILEのサービスに落ち着いています。

ぼくがLINE MOBILEを選んだ理由は、以下の4つです

  1. 初月基本料無料 + 11/30まで「2ヶ月連続3GB増量」キャンペーン中!
  2. 主要SNS(LINE, FB, Twitter, インスタ)の通信費はカウントフリー
  3. LINEの「ID検索」機能がそのまま使える
  4. docomo回線を使っているから、高速&安定通信ができる

 

選んだ理由1.
初月基本料無料 + 11/30まで「2ヶ月連続3GB増量」キャンペーン中!

初月基本料無料

LINE MOBILEでは、利用開始日の属する月の基本料金がタダになります。

初月って、事務手数料で別途3000円ぐらい取られてしまうので、利用料がまるっとかからないのは魅力的なポイントですね。

2ヶ月連続3GB増量キャンペーン

2017年の11月30日までにLINE MOBILEを契約すると、利用開始日の属する月の翌月から2ヶ月間にわたって「3GB」データ容量を増量することができます。

かなりお得なキャンペーンだと思うので、お早めにどうぞ。

 

選んだ理由2.
主要SNS(LINE, Twitter, Facebook, Instagram)の通信はカウントフリー

LINE MOBILEでは、いくつかの対象サービスのデータ消費をカウントフリー(=ノーカウント)する仕組みがあります。つまり、使い放題ということ。

どのサービスが対象になるのかは契約するプランによりますが、「LINE」「Twitter」「Facebook」「Instagram」はカバーしているので問題はないかと。

SIMカード自体に速度制限がかかってしまった場合でも、上記サービスはサクサク使えるのは嬉しいですね。

※料金プランについては下で説明します

 

選んだ理由3.
LINEの「ID検索」機能がそのまま使える

新たに知り合った人とLINEの連絡先を交換するときに「ID検索」って使うじゃないですか。

あの機能って、一般的な格安SIMでは使えないんですよ(正規の「年齢認証」ができるのが、これまでは3大キャリアだけだったので)。

ただ、LINE MOBILEなら年齢認証が問題なくおこなえるので、「ID検索」で友人と繋がれるし、「LINE@」等の関連サービスも安心して利用できます。これもLINEならではのポイントですね。

 

選んだ理由4.
docomo回線を使っているから、高速&安定通信ができる

「格安SIMって、通信速度も遅くて安定しなさそう…」と不安になる方もいるかもしれませんが、心配は無用です。

LINE MOBILEではdocomoの回線を借りているから、docomoと同等の通信速度&安定性を実現しているんですよね。ぼくもしばらく使っていますが、まったくストレスを感じません。

このクオリティのサービスを月額1690円〜で利用できるなんて、ほんと格安SIMを選ばない理由が見つかりませんよ。

 

 

LINE MOBILEって、どれぐらい安いの?

さて、LINE MOBILEの料金プランについて詳しく見ていきましょう。LINE MOBILEでは大きく3つのプランが用意されています。

  1. LINEフリープラン
  2. コミュニケーションフリープラン
  3. MUSIC + プラン

 

料金プラン1.
LINEフリープラン

  • 月額基本利用料(音声通話あり):1200円
  • データ容量:1GB
  • カウントフリー:LINEのみ

こちらはかなりミニマルなプランですね。超上級者向けだと思います。

格安SIMカード初心者の方は、まずはコミュニケーションプラン等を試してみてください。

 

料金プラン2.
コミュニケーションプラン

  • 月額基本利用料(音声通話あり):1690円〜
  • データ容量:3GB〜
  • カウントフリー:LINE, Twitter, Facebook, Instagram

コミュニケーションプランは、最もバランスが取れた料金プランだと思います。カウントフリー対象サービスも充実しているし、料金も3GBならわずか月額1690円。

3GBと聞くと少なく感じるかもしれませんが、自前のWi-Fiルーターを持ち歩いたり、フリーWi-Fiスポットを活用したりすれば十分足りる容量ですね。

まぁ、仮に10GBまであげたとしても月額3220円なので、それでも十分安すぎるぐらいかと!

 

料金プラン3.
MUSIC + プラン

  • 月額基本利用料(音声通話あり):2390円〜
  • データ容量:3GB〜
  • カウントフリー:LINE, Twitter, Facebook, Instagram, LINE MUSIC

コミュニケーションプランでは飽き足らず、LINE MUSICで音楽まで楽しみたい!という欲張りな人には、MUSIC + プランがオススメ。ぼくもこのプランの「10GB」で契約しています。

主要SNSのデータ使用量に加えて、LINE MUSICでの音楽や動画の視聴・曲のダウンロード等もすべてカウントフリーになります(プラス、月額750円でLINE MUSICに申し込みする必要があります)。

スマホで何を楽しみたいのか。それぞれのニーズに合わせて、最適なプランを選択してみましょう!

 

 

LINE MOBILEの「格安」申し込みは、5ステップで!

それでは、これからLINE MOBILEのお得な申し込み手順をイチから見ていきましょう。5つのステップを踏んでいきます。

  1. SIMフリー(あるいはdocomo)のスマートフォンを入手する
  2. MNP予約番号を取得する(電話番号を引き継ぐ場合)
  3. LINE MOBILEの「エントリーパッケージ」をAmazonで購入する
  4. LINE MOBILEのホームページから申し込む
  5. 届いたSIMカードを挿入し、設定を済ませて利用開始!

 

ステップ1.
SIMフリー(あるいはdocomo)のスマートフォンを入手する

まずは、LINE MOBILEのSIMカードに対応しているスマートフォンを用意しましょう。SIMが使えるのは、大きく2種類

  1. SIMフリーのスマートフォン
  2. docomoのスマートフォン

上のどちらかを持っていれば、その端末をそのまま使うことができます(auとSoftBankの端末は、SIMロックがかかっているため不可)。

「どちらも持っていない!」という人で、手っ取り早く手に入れたい場合は、家電量販店やApple StoreでSIMフリーのスマートフォン購入したり、メルカリやヤフオク等のオークションサイトを覗いてみるのがいいでしょう。

ちなみに、ぼくはSIMフリー版のiPhone SEを使っています。他には、ASUSのZenFoneなんかもオススメですよー。

auとSoftBankの端末には「SIMロック」というものが掛かっていて、自社のSIMカードしか利用できない仕様になっています。

一応、最近購入した端末なら条件付きで「SIMロック」を解除できるみたいなので、お使いのキャリアに問い合わせてみてください。

au:SIMロック解除のお手続き
SoftBank:ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する / SIMロック解除

 

ステップ2.
MNP予約番号を取得する(電話番号を引き継ぐ場合)

自分の電話番号をそのまま引き継いでLINE MOBILEに乗り換えたい場合、「MNP予約番号」というものが必要になります。

現在お使いのキャリアのショップに直接行って相談するか、サポートセンターに電話で問い合わせてみてください。「MNP予約番号」はけっこう簡単に発行してもらえますよ。

参考までに、3大キャリアの解約手続きに関してまとめておきました

新しく電話番号を発行したい方は、このステップは飛ばしちゃってオーケーです!

 

ステップ3.
LINE MOBILEの「エントリーパッケージ」をAmazonで購入する

LINE MOBILEを契約する際に、通常であれば「契約手数料」として3000円ぐらい掛かってしまいます。が、ここでちょっと裏技を。

AmazonでLINE MOBILEの「エントリーパッケージ」というものを990円ぐらいで購入するだけで、この手数料3000円がなんと0円になるんです!

驚異のAmazon特価のおかげで、差し引き2000円ぐらい節約できちゃいます。LINE MOBILEをご検討中の方は是非ともAmazonからどうぞ。

 

ステップ4.
LINE MOBILEのホームページから申し込む

さて、Amazonから「エントリーパッケージ」が届いたら、LINE MOBILEのホームページから申し込みをしましょう。

LINE MOBILEに申し込む

 

LINE MOBILEの申し込み画面に遷移します。

「申し込む」ボタンをクリックして、プロセスを進めていきましょう。

 

ガイドに従いながら必要事項を入力していけば、特に問題ありません。10分もかからずに申し込み完了できると思いますよ。

すべての項目を入力すれば終了です。あとは自宅にSIMカードが届くのを待ちましょう!

 

ステップ5.
届いたSIMカードを挿入し、設定を済ませて利用開始!

LINE MOBILEの音声SIMカードが自宅に届いたら、早速スマートフォンに挿入してみましょう。

ただし、SIMカードを挿し込んだ瞬間にインターネットに繋がるわけではありません。最後の一手間として「APN設定」というものを行う必要があります。特に難しくはないので、安心してください。

お使いのスマートフォンがiPhone(iOS)なのかAndroid OSなのかによって設定方法が異なるので、詳しくは以下をどうぞ

 

 

おさらい

最後に、LINE MOBILEの契約方法をまとめておきます。

  1. SIMフリー(あるいはdocomo)のスマートフォンを入手する
  2. MNP予約番号を取得する(電話番号を引き継ぐ場合)
  3. LINE MOBILEの「エントリーパッケージ」をAmazonで購入する
  4. LINE MOBILEのホームページから申し込む
  5. 届いたSIMカードを挿入し、設定を済ませて利用開始!

「面倒だな」と思っていても、実際にやってみると驚くほど簡単にスタートできますよ。

毎月バカ高いスマホ代を払うのは辞めにして、LINE MOBILEで賢くスマホ運用しましょう!

LINE MOBILEに申し込む

 

 

次はこの記事をどうぞ
月額2726円から!速度制限ナシの高速WiFi『Broad WiMAX』に格安で申し込む方法

 

(最終更新:2017年9月5日)

よく読まれている記事

当ブログでよく読まれている記事をまとめてみた。こちらも併せてどうぞ。