MOTTO

就活失敗して死ぬなんて馬鹿すぎるから、簡単に挽回する方法を教える

就活失敗して死ぬなんて馬鹿すぎるから、簡単に挽回する方法を教える

どうも、相原 ユーキです。ぼくは地元・北海道の国立大学を卒業しました(北海道大学ではありません)。全国的にも知名度は低いし、早慶は言うまでもなくMARCHにも太刀打ちできないような弱小大学です。

2013年の就職活動では数十の大手企業を志望するも、内定は一社からも取れませんでした(もちろん、大学ブランドが全てではありません。コミュ障で無思考だったぼくの実力不足も大いにありますが)。いずれにせよ、誰にも必要とされていない「落伍者」のレッテルを貼られたような気がして、ぼくは完全に打ちひしがれました。

そんなぼくですが、今では毎日楽しく過ごすことができています。学生時代のぼくでは入社できなかったような大企業で働くこともできています。何が言いたいかというと、就活に失敗したぐらいで死ぬなんて馬鹿馬鹿しいということ。人生、案外何とかなるものです。

今回は、地方大学出身で就活に全敗したぼくが辿ってきた道を記すことにしました。勉強もロクにせず、コミュ力も無かった底辺学生のぼくが実践してきたアプローチだから、再現性は高いと思います。死ぬ前にサクッと読んでみてくださいな。

 
Ads by Google

 

まず、大前提を疑ってみよう

1. お金を稼ぐ=雇われる、とは限らない

大半の学生にとって、社会に出ることと雇用されることは同義です。大学1、2年生のうちにインターンシップをして、3年生に上がれば就職活動をする。で、良い企業に就職できるように必死に努力する。

もちろん、こうしたアプローチを否定する気はありません。優良企業に入ることで得られるものが大きいのも事実です。ただ、忘れてはならないのは、雇われることだけがすべてではないということです。

自ら事業をはじめる手段もあるし、誰かのヒモになるという手段もあるし、セーフティネットとして生活保護を受け取ることだってできます。そうしたオプションが現実的であるかどうかは置いておくとして、まずは「稼ぐ=雇われる」という前提を疑ってみることが重要だと思うんです。

2. 日本なんて、所詮190分の1

世界には190以上の国家が存在しています。ぼくたちはたまたま日本に住んでいますが、残りの70億人にとっては日本なんて取るに足らない小国に過ぎません。

日本という国がどこにあるのかだって、たいていの外国人はよく知りません。日本での常識は海外では通用しないし、逆もまた然りです。何が言いたいかというと、世界はあなたが想像しているよりもずっと広いから、「日本社会でしか生きていけない」という前提を疑ってみるべきだということです。

ぼくは大学時代にオーストラリアに1年間滞在しましたが、異なるバックグラウンドを持つ人々が混ざり合いながら生活しているさまは圧巻でしたよ。別に日本で生まれたからといって、日本で暮らさなければならないわけじゃないんだなあ、と。

 

「とは言え、日本で生きていきたい」という人へ

そうは言っても、「起業したい!」とか「海外へ出たい!」という人ばかりではないでしょう。それは志の高い低いではなくて、個々人の趣味の問題なのでオーケーだと思います。

手っ取り早く「キャリア」を築きたいなら公務員がおすすめ

あまり良い大学を出ておらず、就職活動に全滅してしまった人に真っ先にオススメしたいのが「公務員」。どんなに悲惨な学生生活を送っていても、公務員になればチャラぐらいにはできます。

社会的な信用が高いから気分も良いし、安定した福利厚生も保証される。しかも、過労死するほど酷使されることは滅多にない。「高望みはしないから、そこそこ良い生活がしたい」という人は公務員一択なんですよ。

試験は1年間勉強すれば普通に受かる

公務員になるには公務員試験に合格する必要があります。が、1年間ぐらい部屋にこもって死ぬ気で勉強すれば普通に合格できるので大丈夫。実家で親のスネをかじってでも、その時間は確保すべきです。「あとで絶対に恩返しするから」と土下座しましょう。

ちなみに、試験区分としては「国家公務員」なのか「地方公務員なのか」で大別されます。各省庁に仕えるのか、地方自治体に仕えるのかの違いです。また、それぞれ難易度ごとに数種類の区分に分かれています。

詳しくは以下の記事をどうぞ:
国家公務員総合職に独学で合格するために参考にすべきサイト5選+揃えるべきアイテム5選

公務員志望者はコミュ障が多いから、民間企業よりもイージー

筆記試験に合格すると、今度は面接試験が待ち受けています。公務員試験の一科目としての「人事院面接」と、試験合格後〜内定までのプロセスとしての「官庁訪問」の2種類ありますが、まあどちらにせよ普通の面接です。

ここで留意しておきたいのが、公務員志望者にはコミュ障が多いという無視できない事実についてです。ぼくは民間企業の選考も公務員の選考もどちらも受けましたが、この傾向は顕著でした。ライバルが弱ければ相対的に有利になるので、よほどの社会不適合者でなければ十分に勝負できるはずです。

面接対策はこちらの記事をどうぞ:
就活内定ゼロ(無い内定)だったコミュ障のぼくが、1年間かけて人格を矯正して無双した3つの戦略

 
Ads by Google

多浪は当たり前。空白期間に寛容な公務員試験

公務員試験や官庁訪問を通じてたくさんの人と話しましたが、履歴書に空白期間のある人は予想以上に多かったですよ。ぼくと同じようにニートをしていたり、あるいはフリーターをして食いつないでいたり。また、30歳間際の社会人経験者も普通にいました。

それぐらい、裾野が広く、敷居が低く、寛容な試験だということです。犯歴さえなければ、どんな要素も不利にはならないんじゃないかと思うぐらいです。

ストレートで大学を出ることが全てではありません。「民間企業がダメなら、次は公務員」というぐらいにサクッと気持ちを入れ替えて、とりあえず1年間勉強しましょう。未来はあなたが思っているほど暗くありませんよ。

 

その後のキャリアはご自由に

スリルを欲しないなら、そのまま公務員として生きていこう

一度公務員になってしまえば、犯罪でも起こさない限り、老後まで何不自由なく生きていけます。これってすごい特権ですよね。

ただ、そのせいか、「ほどほどでいいや」とか「最低限でいいや」という意識で働いている職員もかなり多いように感じました。この辺りはリスクとのトレードオフですね。

ぼくは色々と合わなかったからすぐに辞めてしまったけれど、安定した生活基盤を重視する人には理想郷だと思います。リソースを私生活のほうを全振りして充実させていけるのでオススメ。

生活を豊かにしたいなら、副業するか転職しよう

飽きたら、転職を

反面、公務員で高給取りをめざすのはなかなか厳しいかもしれません。給与水準は、一概には比較できませんが、民間企業よりも多少劣るように思います。また、刺激も足りなくなるかもしれませんね。

安定した公務員の職を手放してまでチャレンジしたい「何か」がある!という奇特な人は、転職してしまうのもありだと思います。ぼくもそっち側の人間でした(笑)。

ちなみに、「転職を前提に働くなんて不誠実だ!」などと熱くなる人もいるかもしれませんが、あまり気にしなくて良いと思いますよ。ぼくは基本的に会社組織は「ツール」だと考えているので、「賢く利用していく」ぐらいのスタンスのほうが気楽です。

副業で収入ベースアップを

ライトに収入を増やしたいなら、副業をはじめるのがいいでしょう。公務員だからといって、副業が全面的に禁止されているわけではありません。職種や収入規模によって対応はまちまちなので、上司に相談してみるのが良いかと。

ちなみにぼくはブログ運営をはじめて、2〜3月で月に1万円ぐらい稼げるようになりました。顔出し・本名出しはできないかもしれませんが、公務員が発信する情報には希少性があるので、勝負できると思いますよ。

参考記事:
月1万円のブログ収入をあげたい初心者が、必ず意識すべき5つのコツを紹介するよ

 

さいごに

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。今回は、地方大出で就活全敗した学生に向けて、人生を挽回する方法を紹介しました。

冒頭でも書きましたが、就活に失敗したぐらいで命を断つなんて馬鹿げています。一度冷静になって、身の回りに溢れている選択肢に気づきましょう。

そういった文脈で、キャリアの一時退避場所として公務員は最適である、というお話でした。

 

次はこの記事をどうぞ:
27歳、元国家公務員。転職で年収150万円以上アップさせたぼくがオススメする3つの戦略

 

 
Ads by Google

(最終更新:2017年8月26日)

よく読まれている記事

当ブログでよく読まれている記事をまとめてみた。こちらも併せてどうぞ。