相原 ユーキのプロフィール  〉

【スピーキング】純ジャパのぼくが「帰国子女」に間違われるほどに英語の発音を改善させた全戦略

日本人の英語学習者にとって、最も高い壁となるのが「英語のスピーキング」でしょう。ぼくたちが普段使っている日本語と英語では、使う筋肉も違えば、音の響かせ方も違う。そもそも、頭の中で考えた英文をスラスラと口から出すのだって簡単なことではありません。

今回の記事では、海外にバックグラウンドを持っていない「純ジャパ」のぼくが、帰国子女に間違われるまでに英語のスピーキング力(発音)を改善させた戦略をすべて包み隠さず紹介します。英語を話す機会が多い方には特に有益な内容になると思いますので、続きを読んでみてください!

 

英語の「スピーキング力」向上には、3つのステップがある

「英語のスピーキング力を上達させたい!」と闇雲に努力するだけでは、徒労に終わってしまう可能性が高いです。いきなり「枝葉」を見るのではなく、まずは一歩引いて「森」を見てみましょう。「スピーキング力」高めるには、以下の3つのステップを踏む必要があります。

スピーキング力向上の、3つのステップ
  1. 英語を正しく発音できるように練習する
  2. 英文がスムーズに出てくるように練習する
  3. より高度な語彙力、表現力を身につける

各ステップにおいて、ぼくが具体的にどのようなアプローチをおこなってきたのかを詳しく見ていきましょう。


次のページ:

STEP 1. 英語を正しく発音するための最強の練習方法とは?

次のページへ >