ミニマリスト必見!世界初の白T専門店「#FFFFFFT(シロティ)」が振り切っていて素敵すぎる

ミニマリスト必見!世界初の白T専門店「#FFFFFFT(シロティ)」が振り切っていて素敵すぎる

どうも、相原 ユーキです。ミニマリストを気取っているぼくはシンプルな白Tをこよなく愛していて、フランスANATOMICA(アナトミカ)の白Tシャツ12枚をほぼ毎日着回しています。

そんなぼくがかねてから注目していたのが、世界初の白T専門店 #FFFFFFT(シロティ)。東京都千駄ヶ谷にある、白Tしか置いていない超マニアックな白T専門店なんです。色々と振り切っていて素敵なお店だったので、写真付きでレビューしていきますよー!

 
Ads by Google

 

店名の「#FFFFFFT」って?

ぱっと見ではなかなか読めない「#FFFFFFT」という店名。「シロティ」と読みます。これは、16進数のカラーコードで白をあらわすのが「#FFFFFF」であることが由来ですね。

 

ショップは渋谷区「千駄ヶ谷」に

そんなシロティですが、東京都渋谷区の千駄ヶ谷という辺鄙な場所にあります(すみません)。

普通は家賃が多少高くても、原宿とか青山みたいに立地が良くて人通りが多いところにお店を出したくなりますよね。

でもここはふらっと寄ってもらうお店ではないと思っています。これもカッコつけていうと、“ディスティネーションストア”にしたかったんです。それ自体が目的地になる店。

去年の秋くらいからこの辺は『ダガヤサンドウ』と言われて話題になりつつありますが、この店に行きたいからその街にいくみたいな目的意識を持って来てくれたらすごく嬉しいですね。

コンセプトがはっきりした店なので、多少不便なところにあっても、好きな人はわざわざ来てくれるんです。実際うちは、「今日は白Tを選びにきました」っていうモードで来店されるお客様がほとんどですね。

BuzzFeed

確かに、用事がないと千駄ヶ谷にはわざわざ行かないですもんね(笑)。

 

オープンは土曜日のみ

社会人の白Tラバーの方には朗報。白シャツ専門店「#FFFFFFT」は毎週土曜日のみオープンです。

世界でもここでしかできない体験っていうのがコンセプトの核にある店なので、すごいカッコつけていうと、その体験の価値を突き詰めたかったっていうのがあります。“土曜の白T”じゃないですけど。

BuzzFeed

ショップの場所は千駄ヶ谷で、オープンも土曜日のみ。しかも店内には白Tのみ。これでもかというほどに演出されているのは「プレミア感」「特別感」なんですね。「体験」も売る、というポシリーが素敵です。

 

行列ができるほどの盛況ぶり

ぼくも実際に行ってきました。

15:00前ぐらいだったと思いますが、すごい行列でした。

一度に店内に入れるのは3〜4組だけ。スタッフの方に呼ばれるまでは暑くても店の外で待機です。ただ、いざ入ってしまえばゆっくりと商品を選ぶことができるので、少しの辛抱ですね。

 

店内は白一色!

店内はこんな感じで、まさに白一色。「世界初の白T専門店」はやはり伊達じゃなかった!

白、白、白。ぼくが行ったときはスタッフの方が3名いらっしゃいましたが、皆さん当然のように白T。愛情が伝わってますね。

相場としては、シャツ1枚4000〜5000円ぐらいでしょうか。何枚も買って帰るお客さんもけっこう多いようでした。

 

試着スペースもあり

店内には試着スペースもあって、全品サイズを合わせられるので安心ですね。

 
Ads by Google

色は「白」だけですが、白の色味の違いもあるし、シルエット・素材・質感・原産国などなど、こだわり出すとあれこれ気になってしまうのが白T選び。自分の手で触ったり試着したりしながら、「お気に入りの一枚」を探してみてください。

 

ぼくはこの白Tを買いました

悩みに悩んだ末にぼくが購入したのが、MADE IN THE USA の「Velva Sheen」というブランドのパックT。1パッケージにシャツ2枚入りで、8000円ぐらいでした。

 

胸ポケットが付いている、シンプルな白T。ANATOMICAに加えて、新たなレパートリーが増えました。

 

コットン100%ながら、MADE IN THE USAということで質感は想像以上にしっかりとしています。長い期間ヘビロテしても首元がヨレないのは、白T愛好家といては嬉しいですよね。

 

ちなみに、購入したシャツは #FFFFFFT のロゴ入りのオシャレな紙バッグに梱包してもらえます。素敵。

 

取り扱いブランドの一例

  • smoothday
  • ANATOMICA
  • ENTRY SG
  • SUNSPEL
  • SUNNY SPORTS
  • Velva Sheen
  • FRUIT OF THE LOOM
  • Red Kap
  • HealthKnit
  • ONEITA
  • The White Briefs
  • American Apparel
  • J.CREW
  • OUKY
  • Goodwear
  • Merz b.Schwanen
  • Splendid
  • +FOUR CORNERS
  • LOOK SEA
  • Nigel Cabourn
  • BARNS OUTFITTERS
  • SHICHI-SUN
  • GILDAN
  • LADY WHITE COMPANY
  • STIR
  • Who’s Making
  • その他

常時、20種類以上の白Tをストックしているようです。

 

店舗情報

  • #FFFFFFT SENDAGYA(シロティ千駄ヶ谷)
  • 営業時間:毎週土曜日 12:00〜19:00 不定休
  • tel:03-6804-5746
  • 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-3-5 1F
  • JR原宿駅より徒歩10分
    東京メトロ明治神宮前駅より徒歩11分
    東京メトロ北参道駅より徒歩6分

出典:#FFFFFFT

 

さいごに:白Tの魅力とは

主張が少ないこと

これが白Tの最大の魅力であり、最大の武器でもあると思います。白Tって、潔くてカッコいいじゃないですか。

「丸腰」感というか、自分という「素材」で勝負していく感じが男らしくて。

「朝の悩み」がひとつ消える

昔はよく「柄モノ」を着ていましたが、シンプル・ミニマルな思考に惹かれるようになって全部処分しちゃいました。

「何を着るか」で毎朝悩まなくて済むようになるのは、やっぱり爽快ですよ。そもそも白Tしか持ってないから悩みようがないので(ミニマリスト界隈ではこれを「私服の制服化」なんて言います)。

「白」にこだわる

「白T」にこだわるからには、そこら辺でテキトーに買ったものではなくて、少しでも上質で気に入ったものを着たい。

「#FFFFFFT」は、そんな「白Tマニア」の聖地とも呼べる場所になるでしょうね。気になった方は、来週の土曜日にでも是非!

 
Ads by Google

関連記事