物欲を「ガマン」で抑えた瞬間、スケールの小さいつまらない人生になる

Ads by Google

 


 

 

どうも、相原 ユーキです。マネーリテラシー低めのぼくは、貯金と節約がぜんぜんできません。

だから、必然的に「収入規模」のほうを増やそうというベクトルに意識が向くんです。

世の中には貯金信仰・節約信仰があるけど、まずは収入を増やす努力をしたほうが良くないですか?という話。

 

溢れ出てくる物欲

以前に記事にも書きましたが、ぼくにはハンパじゃない物欲があるんですよね。

デジタルガジェットから小物まで、欲しいものなんて際限なく湧いて出てくる(amazonのほしい物リストに一部まとめています)。

当然ながらすべて買い揃えていくことは難しいし、仮に揃えたとしても、その頃にはまた別のものが欲しくなっているはずなのでキリがないんですが。

 

悪いのは「低収入であること」

では、冒頭のツイートにもあるように、物欲をガマンして抑え込めば解決するのでしょうか?

「それでいい」という人もいるかもしれませんが、ぼくは違います。

ぼくの場合、「浪費を支えられるぐらいの収入が無いこと」が問題だと考えます。低収入であることが悪なんですよ。

収入規模は据え置きで、それ以外をなんとか工夫・工面しようという発想の人があまりにも多いことに驚きます。

 

収入を増やすための努力をするのが健全

そもそも、生活コストを削っていくのは大変だし、限度があるじゃないですか。

食費、水道光熱費、交通費、通信費、交際費など、あらゆることをケチったとしても、月に数千円浮かせるのがやっとだし。

そんなことをするよりも、普通に考えれば、節約するよりも収入規模を増やすほうがインパクトが大きいと思うんですよ。

例えば副業で月4〜5万円稼ぐとか、転職して年収200万円アップさせるとか。インカムを増やそうという方向性で努力するほうが健全だとぼくは思うんです。

 


 

Ads by Google

 


 

物欲をガマンしてしまうと、スケールの小さいつまらない人生になる

ガマンと節約が大好き!という禁欲主義的な人もいるでしょう。

でも、ぼくはそんな人生は絶対に嫌だなぁ。欲しいものを欲しいときに買えないなんて、超つまらないじゃないですか。

現状の収入規模を「据え置き」にして考えて支出だけを抑えようとすると、スケールの小さい人生になってしまいますよ。

 

物欲は原動力なので殺さぬように

ぼくの場合、「何かが欲しい」とか「どこかへ行きたい」という欲求は大きな原動力にもなっているんです。

ガマンしたり節約したりするのは嫌なので、欲求を満たすためにどうしてもお金が欲しくなる。

だから副業をはじめたり、自己研鑽を積んで転職しようというモチベーションが生まれる。

現状に甘んじた瞬間から人間は成長できなくなるので、ぼくは自分の欲求には正直でありたいと思っています。

 


 

Ads by Google

 


 

CATEGORY :
TAG :