α7IIでオールドレンズ遊び。Carl Zeiss Jena / Flektogon 35mm f2.8レビュー

 

Ads by Google

 


 

どうも、相原 ユーキです。

 

ぼくは今SONYのα7IIというミラーレス・フルサイズ一眼レフカメラを愛用しています。

35mmフルサイズながら非常にコンパクト。それなのに5軸手ぶれ補正も搭載している頼もしいモデルなんですが、

フィルムカメラ時代の「オールドレンズ」と組み合わせて使うことで120%楽しむことができると最近知りました。

 

オールドレンズ探し

オールドレンズを求めて中野フジヤカメラへ

三日三晩あれこれと調べて、中野にあるフジヤカメラ(ジャンク館)に行ってきました。

JR中野駅北口からブロードウェー方面へアーケードを進み、右手銀だこを右に折れた先の路地にお店があります。

本店・カメラ用品店・ジャンク館が同じ区画にあり、オールドレンズはジャンク館に多数置いてありました。

 

Carl Zeiss Flektogonを発見

フジヤカメラのジャンク館で見つけたのがこちらのレンズ。Carl Zeiss JenaのFlektogon 35mm/f2.8

マウントはエキザクタ型で、Flektogonシリーズの初期型。東西分裂中の東ドイツで作られたものだそうです。

 

Flektogon 35mm f2.8、中古9,000円

普段使っているのが Carl Zeiss の55mm単焦点(SEL55F18Z)で、広角のレンズも別に欲しいと思っていました。

そんな中見つけたツァイスのオールドレンズFlektogonが9,000円とお安かったので即決で購入。

エキザクタマウント→Eマウントのアダプタも同店にて6,000円で購入し、ひとまずは準備オーケーに。

さっそく街へ出てバシバシと写真を撮ってみました。

 


 

Ads by Google

 


 

Flektogon 35mm f2.8で
試し撮りした写真たち

1/100秒、ISO125、f2.8

逆光のストリートスナップ。全体的にやんわりと白い光がかかっていて、「オールドレンズっぽい味」が出たのかな?という印象です。

 

1/100秒、ISO400、f4.0

中野ブロードウェイに入っているヴィンテージショップにて。

 

1/100秒、ISO160、f2.8

ブリキのロボット。やはりピントが甘くなりますが、「味わい」で誤魔化せてしまうのがオールドレンズ。

 

1/100秒、ISO160、f2.8

新井薬師のほうへ進んでいくと、有名な飴屋さんが。絞りを最大まで開放してボカしてみました。

 

1/100秒、ISO2000、f9.0

新井薬師。f値は9ぐらいまで絞り込み、ピント位置は無限遠ちょっと手前ぐらいだったと思います。

 

1/100秒、ISO1000、f2.8

ちょっとレトロなペコちゃん人形。相変わらず構図がショボいのが悩み。

 

1/100秒、ISO400、f11

JR荻窪駅のホームから。ハイライト・シャドウ部分共に、細部まできちんと階層があらわれています。

 

 

さいごに

生まれて初めてオールドレンズというものに手を出してみましたが、見事にハマりそう。ものすごく楽しいです。

次はライカレンズとかロシアレンズも揃えてみようかなと密かに思案中。

 

ただ、オールドレンズの風合いに負んぶに抱っこになるのではなく、実力でバシッといい写真が取れるようにたくさん練習しようと思います。

 

 


 

Ads by Google

 

CATEGORY :