Ads by Google

 

どうも、TABI LABO編集・ライターの相原 ユーキです。

 

ぼくの持っている数ある欠点の中で、もっともタチが悪いのが「金遣いの荒さ」。

物欲が強すぎて、まとまったお金が入るとすぐに使い果たしてしまいます。

 

普段は偉そうに講釈をたれているぼくですが、お金に関してはほんとうにダメなヤツです。

キャッシュカード・クレジットカードは手の届かないところに置くか、遠方に送ってしまわないといけないレベル。

 

マネーリテラシーが低すぎる

こんな性分なので、資産の運用はおろか、貯金らしい貯金をしたことすら一度もありません。

恥ずかしながら、年金のことも保険のことも正直言ってあまりわかっていません。

元国家公務員で、これから会計士を志している人間なのに…。

「マネーリテラシーの低い人間」に分類される典型例だと思っています。

 

さすがにこのままではまずい

だけど、さすがにこのままだとまずいと思いはじめました。

日々の生活にも金銭的余裕があるわけでもないのに、そこからさらに米国公認会計士(USCPA)の受験料を捻出しないといけません。

転職活動・海外移住にはまとまったお金が要るし、世界中を周遊するにはさらに潤沢な資金が必要になります。

つまり、ぼくの思い描く人生は「金がかかる」んですね。

 


 


Ads by Google

 


 

「お金の勉強」をします

そこで、一念発起して、真剣に「お金の勉強」をすることを決意しました

お金との付き合い方って死ぬほど大切なのに、学校じゃ教えてくれませんからね。

27歳になるまでマジメに考えなかったぼくが悪いんですが、今からでもけっして遅くはないと思うので、色々とやってみます。

 

お金にまつわる「ルール」を学べる一冊

一冊目の教本として『The Rules of MONEY ーできる人のお金の増やし方ー』をチョイス。

以前コンビニで見かけてからずっと気になっていたことと、Amazonレビューが良さげだったのが理由です。

 

ぼくの記事を読みながら一緒に勉強してくださる奇特な方は、是非ともこの本を手に取ってみてください。

(もちろん、本書が手元になくても内容が理解できるような構成で、記事を書くつもりではいますが)

 

インプット→アウトプットを可視化します

  1. 内容の理解(インプット)
  2. 具体的アクションへの落とし込み
  3. 実行(アウトプット)

 

まずは内容を一部引用しながら、ただしく理解していきます(=インプット)

ぼくなりの解釈を加えたり、たとえ話をしたり、イラストや図を描いてみたりしながら。

 

つぎに、インプットした内容を「具体的なアクション」にまで落とし込んでいきます

いつ、どこで、誰が、何を、どのようにするのか。

 

そして、アクションを実行します(=アウトプット)

可能なら、そのプロセスや結果も、記事として残していきます。

 

ぼくに出来るなら、ほかの人でも再現できるはず

お金に関する認識をただすことは、ぼくの人生にとって(言うまでもなく)意義のあることです。

現在ぼくが抱えている悩みのほとんどは「お金」に起因していて、それが解消されることになるので。

 

さらに、ぼくと同じで「お金との付き合い方がヘタクソな人」にとっても、大きなヒントになるんじゃないかと思っています。

ぼくぐらいダメなヤツが変われるなら、ほかのどんな人でも再現できるはずだから。

 

長い道のりになりそうですが、これから一緒に頑張っていきましょう。

興味のある人は <The Rules of MONEY> のタグページをブックマークしてみてくださいね。

 

この記事を書いている人
相原 ユーキ| TABI LABO編集・ライター。 前職は国家公務員。 大学ではAUSで1年間留学。 TOEIC985、英検1級、簿記2級、国家総合職合格。

 


Ads by Google