27歳元ニートで、国家公務員を辞めて転職したぼくの「市場価値」をMIIDASで調べてみた

27歳元ニートで、国家公務員を辞めて転職したぼくの「市場価値」をMIIDASで調べてみた

ぼくは大学でダブっているから、短い社会人生活のわりに現在27歳。まだまだ若手と思いたいですが、そろそろキャリアを定めないといけない年齢になってきたのかな、とも思っているわけです。

そんなタイミングでふと気になったのが、自分の現時点での「適正年収」。ぼくの経験やスキルから換算すると、どれぐらいの年収になるんだろう。それに対して今の給料は高いのか、低いのか。そんな疑問が湧いてきたわけです。

そこで、転職サービス <MIIDAS> の年収シミュレーションを受けてみることにしました。なかなか評判も良さそうだったし、UIも超キレイだったので。

スクリーンショットで一画面ずつ解説していきますので、自分の「市場価値」が気になった人は試してみてください。5分ぐらいでシミュレーションできるので!

いますぐ市場価値を調べる

 
 

この記事を書いている人
相原 ユーキ| TABI LABO編集・ライター。 前職は国家公務員。 大学ではAUSで1年間留学。 TOEIC985、英検1級、簿記2級、国家総合職合格。

 

まずはMIIDAS(ミーダス)のページへ

ここから<MIIDAS>のページへ飛びます。入力項目はたったの4つ。

  1. プロフィール
  2. 職務経歴
  3. 実務経験
  4. 語学・資格

5分ぐらいでサクッと終わります!

 

1. まずは「プロフィール」を入力していきます

性別、生年月日、居住地を入力

 

最終学歴

けっこう細かく入力できるようです。

 

大学名、学部、卒業年

大学名を入力すると、プルダウンで選択できました。

 

これまで何社で仕事をしたか

ぼくの場合は「2」と入力しました。

 

2. 次は「職務経歴」を入力

現在働いているか否か、入社年月、退職年月

ぼくは現在「在職」していて、入社は2017年3月。

 

直近の勤務先(会社名)、業種、従業員数

現職について入力。

 

雇用形態、年収

ここでは書けませんが(笑)、雇用形態と年収を入力しました。

 

3. 次は「実務経験」を入力

管理職の経験年数、経験人数(あれば)

ぼくはマネジメントの経験が無いので、「0年」を選択。

 

職種を選択

職種はかなり幅広いので、最もマッチするものを選びましょう。

 

4. 「語学・資格」を入力

英会話のレベル

英会話レベルを4つから選択。英語力が重要視されているのがわかりますよね。

 

保有資格

ぼくは「簿記2級」「TOEIC 985」「英検1級」を所持しているので、入力。こちらもプルダウンから選択できます。

 

Excelのスキル

該当するExcelスキルを選択し、次へ。

 

自動車免許の有無

 

シミュレーション完了!

選考条件に合致した企業数と、想定オファー年収が提示

ぼくに興味がある企業は233社で、想定オファー年収はなんと671万円(月収50万円弱)!転職を考えてしまうレベルですよ、これ。

MIIDASで適正年収を調べる

 

それぞれの年収レンジにおけるボリューム

50万円ごとの「年収レンジ」で、何社に求められているかがわかるようになっています。想定オファー年収は671万円でしたが、求人のボリュームはバラついているようですね。

 

実際に企業の選考を受けたい場合

シミュレーションが完了した時点で、36社との面接が「確定」したようです。スキルや職歴等で、企業側があらかじめスクリーニングしているんでしょうね。

転職もアリかなーと考えている人は、このまま<MIIDAS>に登録しちゃいましょう。画面下の「登録してオファー内容を見る」ボタンを押します。

 

MIIDASのアカウントを作成します

Facebookアカウントの登録情報をそのまま使えるのが今っぽいですね。

 

メールアドレスやパスワードを入力

 

ケータイに認証コードが届くので、入力

個人認証を経て、登録が完了します。あとは画面遷移に従えばオーケーです!

 

さいごに

自分の市場価値が「年収671万円(月収50万円弱)」というシミュレーションには驚きました。<MIIDAS>を通じて、企業からのラブコールが定期的に入ってくるので、色々と見てみようかな。

自分の「適正な市場価値」を計測してみたいと思った人は、<MIIDAS>のサービスを使って調べてみてください。あくまでもツールのひとつに過ぎませんが、「働きかた」に対する意識が変わるかもしれませんよ。

いますぐ市場価値を調べる

 
 

次はこの記事をどうぞ:
転職で年収150万円以上アップさせたぼくがオススメする3つのアプローチ

関連記事