相原 ユーキのプロフィール  〉

ブログで発信(アウトプット)するだけで人生が豊かになる3つの理由

ぼくは2016年の9月末からブログをはじめて、今日でちょうど5ヶ月が経ちました。三日坊主で何をやっても長く続かないぼくが、一つのことをここまで続けられているのを自分でも信じられません。

何でだろう、と考えてみるとやはり「楽しい」んですよね。数字を追うのも、コメントをいただくのも、ものすごく楽しい。誇張でなく、ブログをはじめたことで「人生が豊かになった」という確かな実感があるんです。

今回の記事では、ブログで発信し続けるとなぜ人生が豊かになるのか について、3つ理由を挙げてみようと思います。

ブログで発信(アウトプット)するだけで人生が豊かになる3つの理由

  1. 自分の体験や経験が真価を発揮する
  2. アウトプットだけでなく、インプットの質も上がる
  3. 収益が発生する

ブログで人生が豊かになる理由① 自分の体験や経験が真価を発揮する

自分がこれまで経験したきたものごと。これらが真価を発揮するのは「他者と共有したとき」だと思います。

例えば受験記であれば、自分のアドバイスを参考にしてブログの読者さんが試験にパスしたり。あるいは旅行記であれば、自分がオススメしたスポットに立ち寄ってもらったり。

体験や経験を自分の中だけにとどめておくのは非常に勿体ないです。どのような情報でも、必ず必要としている人がいる。つまり、需要があるんですね。

だから、「ブログ」という場で自分の体験や経験を共有することは個人的にも社会的にも意義のあることだと思うのです。

 

ブログで人生が豊かになる理由② アウトプットだけでなく、インプットの質も上がる

定期的に文章を書く機会があれば、当然「文章力」「構成力」が高まる。こうした能力があらゆる分野において武器になることは自明で、これだけでもブログを書く意義はあります。

しかし、アウトプットの場を持つことはこれ以上の効用をも生み出すんですよね。よく「人に何かを教えるには、自分はそれを3倍深く理解していなければならない」と言います。つまり、アウトプットの必要に迫られることでインプットの質もおのずと上がるのです。

たとえば「書評」。ただ漫然と読書をしたときよりも、「ブログでレビューを書こう!」と考えながら読んだ時のほうが理解度は上がります。

また、学習ログを残すことにも意味があります。たとえば、ぼくは米国公認会計士(USCPA)の過去問で「苦手だな」と感じた問題を、いろいろ調べながら解き、記事にしちゃいました。誰かに説明する口調でアウトプットしようとするので、僕自身もしっかり理解できるというわけです。

これが、アウトプットを想定しながらインプットをする効果です。

 

ブログで人生が豊かになる理由③ 収益が発生する

正しいアプローチを取り、PDCAを回せば ブログからお金が発生するようになります。本業の手取り収入が少ないサラリーマンやフリーターの方にとって、これは無視できないメリットですよね。

ここで、ブログとお金の関係について私見を少し述べたいと思います。ブログをただの「日記」として運営する人もいますが、ぼくは「収益化」をめざしてガチで運営すべきだと考えます。理由は簡単で、収益が発生すればモチベーションが上がり、その結果、より良質な記事が書けるようになるからです。

事実、ぼくは以前 Seesaaブログ や Livedoorブログでつらつら文章を書いていたことがありましたが、どれも長続きしませんでした。目に見えた「成果」が見えず、途中でなんだかバカらしくなってしまったんです。

その反省もあり、 2016年の9月末に「本格的にブログ運営をはじめよう」と決意した際は、無料ブログサービスは使わずに、独自ドメインを取得し WordPressの有料ブログテーマ を購入してブログをはじめることに。

Google AdSense や Amazon Affiliate、A8 net などの収益化ツールも導入しながら 5ヶ月にわたり運営してきました。結果、1ヶ月に3万円近く収益が発生するようになり、高いモチベーションを保ちながら記事の執筆にあたることができています(もちろん、もっと頑張るつもりです)。

ブログでお金を稼ぐことを「汚いこと」と捉えて嫌悪感を示す人もいますが、お金がモチベーションの源泉であるのは厳然たる事実ですよね。ぼくはブログの一読者でもありますが、そのブログをチェックするかの基準は「記事が良質であるか」の一点のみ。

収益が発生する>モチベが上がる>良質な記事が書ける

というメカニズムを知っているので、おのずと「稼いでいる人」のブログばかり読むようになりました。ブログの収益化を目指すことは、自分だけでなく実は読者の方にもメリットがあるんですよ、という話でした。


次のページ:

「ブログを始めよう」という気を削いでしまう2つの思い込みとは?

次のページへ >