NASAの「ハビタブルゾーン」衝撃的発表(Feb 23)から学ぶ英語表現|全文和訳と解説あり

NASAの「ハビタブルゾーン」衝撃的発表(Feb 23)から学ぶ英語表現|全文和訳と解説あり

2017年2月23日未明、地球外生命体の存在の可能性に迫る新たな大発見を NASA が発表しました。多くの人が驚き、興奮の最中にあるのではないでしょうか。ぼくもこの手の話題は大好きなので貪るように関係資料を読み込んでいます。

さて、今回の記事は、今回の NASA の発表(英文)を一文一文解説しながら和訳。内容を理解するとともに英語学習に役立ててしまおうと思い執筆しました。資格試験ではなかなか使われない単語・表現もあるのでなかなか面白いと思います。

英語を忠実に訳す、というよりは「ごく自然な日本語」になるように意訳しました。なるべく正確な内容をお伝えすることをめざしていますが、万が一誤り等があった場合は知らせていただけると嬉しいです。

 
Ads by Google

この記事を書いている人
相原 ユーキ| TABI LABO編集・ライター。 前職は国家公務員。 大学ではAUSで1年間留学。 TOEIC985、英検1級、簿記2級、国家総合職合格。

 

タイトル(見出し)

出典:NASA.GOV

NASA Telescope Reveals Largest Batch of Earth-Size, Habitable-Zone Planets Around Single Star

➡︎ NASA の望遠鏡が、ハビタブルゾーンに位置する地球サイズの惑星の集団を観測 

  • to reveal : を明らかにする
  • a batch of ~ : 1群の ~
  • habitable : 居住可能な

 

Paragraph 1

出典:NASA.GOV

NASA’s Spitzer Space Telescope has revealed the first known system of seven Earth-size planets around a single star.

➡︎ NASAのスピツァー宇宙望遠鏡が、恒星 と その周りを回る地球サイズの7つの惑星から成る未知なる system(集団) の観測に成功した。 

  • system : 系統、体型(ここでは、恒星と複数の惑星からなる一集団)

 

Three of these planets are firmly located in the habitable zone, the area around the parent star where a rocky planet is most likely to have liquid water.

➡︎ 7つの惑星のうち3つはハビタブルゾーン(※)に位置している。ハビタブルゾーンは恒星の付近にある領域で、そこでは岩石質の惑星が液体状の水を有する可能性が非常に高い。 

※宇宙の中で生命が誕生するのに適した環境と考えられている天文学上の領域

  • firmly : しっかりと
  • rocky : 岩石質の

 

The discovery sets a new record for greatest number of habitable-zone planets found around a single star outside our solar system.

➡︎ 今回の発見で見つかった 太陽系外のハビタブルゾーンの惑星の数「7」は、ひとつの恒星を周回する惑星の数としては史上最多となった。 

  • to set a new record : 新記録を打ち立てる
  • solar system : 太陽系

 

All of these seven planets could have liquid water – key to life as we know it – under the right atmospheric conditions, but the chances are highest with the three in the habitable zone.

➡︎ 適切な大気の条件下では、これら7つの惑星すべてにおいて生命存在の鍵となる「液体状の水」が存在しうるだろう。中でもハビタブルゾーンにある3つの惑星では十中八九。 

  • atmospheric conditions : 大気の状態
  • chances are ~ : たぶん、十中八九 ~ だろう

 

“This discovery could be a significant piece in the puzzle of finding habitable environments, places that are conducive to life,” said Thomas Zurbuchen, associate administrator of the agency’s Science Mission Directorate in Washington.

➡︎ 「今回の発見は、生命を育むことのできるハビタブルな(居住可能な)環境を探し出す上で、非常に重要なピースになりうる」と、NASA の科学観測本部次長の Thomas Zubuchen 氏は述べた。 

  • be conductive to ~ : ~ に貢献する、寄与する

 

“Answering the question ‘are we alone’ is a top science priority and finding so many planets like these for the first time in the habitable zone is a remarkable step forward toward that goal.”

➡︎ 「『我々人間は宇宙に存在する唯一の生命体なのか』という問いに答えることは科学における最重要事項であり、ハブタブルゾーン内にある今回のような未知の惑星を数多く見つけることは、そのゴールに近づくための注目すべきステップである」と氏は続ける。 

 
Ads by Google

 

Paragraph 2

At about 40 light-years (235 trillion miles) from Earth, the system of planets is relatively close to us, in the constellation Aquarius.

➡︎ 今回発見された惑星の system(集団)は水瓶座にあり、地球からはおよそ40光年(約378兆km)の距離。つまり私たちに比較的近いところに位置している。 

  • ~ light-years : ~ 光年
  • constellation : 星座
  • Aquarius : みずがめ座

 

Because they are located outside of our solar system, these planets are scientifically known as exoplanets.

➡︎ これらの惑星は太陽系の外に位置しているため、科学的には「太陽系外惑星」として認識されている。 

  • be located… : … に位置している
  • scientifically : 科学的には
  • an exoplanet : 太陽系外惑星

 

This exoplanet system is called TRAPPIST-1, named for The Transiting Planets and Planetesimals Small Telescope (TRAPPIST) in Chile.

➡︎ この「太陽系外惑星」の system(集団)は、「トラピスト-1」 と呼ばれている。チリにある「TRAPPIST」という望遠鏡に由来する名称である。 

  • be named for [after] : にちなんで名付けられる

 

In May 2016, researchers using TRAPPIST announced they had discovered three planets in the system.

➡︎ 昨年2016年5月、望遠鏡「TRAPPIST」を用いて観測していた科学者たちは、この system(集団) に属する3つの惑星を見つけたと報告していた。 

 

Assisted by several ground-based telescopes, including the European Southern Observatory’s Very Large Telescope, Spitzer confirmed the existence of two of these planets and discovered five additional ones, increasing the number of known planets in the system to seven.

➡︎ European Southern Observatory’s Very Large Telescope (超大型望遠鏡VLT) を含むいくつかの地上の望遠鏡の助けも借りながら、スピツァー宇宙望遠鏡はまず2つの惑星の存在を確認し、次いで5つの惑星を発見。これにより、この集団に属する惑星の数は7つに増えた。 

  • ground-based : 地上の
  • to confirm : を確認する
  • five additional ones の “ones” = planets

 

The new results were published Wednesday in the journal Nature, and announced at a news briefing at NASA Headquarters in Washington.

➡︎ この新たな観測結果は水曜日『ジャーナルネイチャー誌』の中で公表され、ワシントンのNASA本部でブリーフィング(状況説明)を行うとアナウンスした。 

  • a news briefing : メディアに対する状況説明

 

Using Spitzer data, the team precisely measured the sizes of the seven planets and developed first estimates of the masses of six of them, allowing their density to be estimated.

➡︎ スピツァー宇宙望遠鏡のデータを用いて、調査チームは惑星の正確なサイズを計測。7つのうち6つの惑星の大きさをまず推定し、これにより密度を見積もることができた。 

  • masses : かさ、大きさ、質量

 

Based on their densities, all of the TRAPPIST-1 planets are likely to be rocky.

➡︎ 惑星の密度に基づいて考えると、『トラピスト-1』に属する惑星はどれも岩石質であるようだ。 

 

Further observations will not only help determine whether they are rich in water, but also possibly reveal whether any could have liquid water on their surfaces.

➡︎ さらなる観測をおこなえば、惑星に水が豊富にあるのかどうかが明らかになるだけでなく、星の地表に液体状の水が存在するかどうかをはっきりさせることができるだろう。 

  • not only ~ but also … : ~ だけでなく … も
  • to help do : するのを助ける
  • to determine whether : かどうかを突き止める
  • be rich in ~ : ~ が豊富である

 

The mass of the seventh and farthest exoplanet has not yet been estimated – scientists believe it could be an icy, “snowball-like” world, but further observations are needed.

➡︎ もっとも遠い位置にある7つ目の太陽系外惑星の大きさは、まだわかっていない。科学者は「雪玉のような」氷の世界が広がっていると考えてはいるが、さらなる観測が必要である。 

  • farthest : 最も遠い

 

“The seven wonders of TRAPPIST-1 are the first Earth-size planets that have been found orbiting this kind of star,” said Michael Gillon, lead author of the paper and the principal investigator of the TRAPPIST exoplanet survey at the University of Liege, Belgium.

➡︎ 「『トラピスト-1』に属する7つの惑星は、恒星の軌道を回っている星の中でも「地球と同じサイズの星である」という点で前例のないものである」と Michael Gillon 氏は言う。 

  • wonders(驚異的なもの) は、ここでは “planets” を指す
  • to orbit : の軌道を回る

 

“It is also the best target yet for studying the atmospheres of potentially habitable, Earth-size worlds.”

➡︎ 「潜在的に居住可能な、地球サイズの惑星の環境について調査することは最適な目標にもなるだろう」と氏は続ける。 

 

Paragraph 3

出典:NASA.GOV

In contrast to our sun, the TRAPPIST-1 star – classified as an ultra-cool dwarf – is so cool that liquid water could survive on planets orbiting very close to it, closer than is possible on planets in our solar system.

➡︎ 太陽系の恒星である「太陽」とは対照的に、『トラピスト-1』の恒星は「超低温矮性」に分類されている。恒星があまりにも冷たすぎるため、ごく近くを周回する惑星の表面にも液体状の水は(その状態を保ちながら)存在できる。太陽系では、恒星(太陽)とこれほどまでに近い距離では水は液体の状態を保つことができないのに。 

  • in contrast to ~ : ~ とは対照的に、~ と比べて
  • to survive : 以後も存続する

 

All seven of the TRAPPIST-1 planetary orbits are closer to their host star than Mercury is to our sun.

➡︎ 『トラピスト-1』の7つの惑星の軌道と恒星との間の距離は、水星と太陽の間の距離よりも近い。 

  • their host star = 『トラピスト-1』の恒星のことを比喩的に表現

 

The planets also are very close to each other.

➡︎ また、7つの惑星どうしもものすごく距離が近い。 

 

If a person was standing on one of the planet’s surface, they could gaze up and potentially see geological features or clouds of neighboring worlds, which would sometimes appear larger than the moon in Earth’s sky.

➡︎ (7つのうちのどれかの)惑星の表面に人が立てば、見上げるだけで隣接する惑星の地質学的特徴や雲の姿が見えるかもしれない。地球から見たときの月よりも大きく見えることだってあるだろう。 

  • to gaze up : 見上げる
  • geological : 地質学的

 

The planets may also be tidally locked to their star, which means the same side of the planet is always facing the star, therefore each side is either perpetual day or night.

➡︎ 7つの惑星は、潮の作用によって恒星に固定されているのかもしれない。これが意味するのは、惑星は恒星に対して常に同じ面を向けており、日の当たる「昼」の面と、当たらない「夜」の面が完全に分かれているということである。 

  • tidal : 潮の
  • tidally : 潮の作用によって
  • be locked to ~ : ~ に固定されている
  • perpetual : 永久の

 

This could mean they have weather patterns totally unlike those on Earth, such as strong winds blowing from the day side to the night side, and extreme temperature changes.

➡︎ これは、地球上に存在するような気象パターン、例えば「日の当たった”昼”の面から日の当たらない”夜”の面に向かって吹いている強風」や「極端な気温の変化」などとはまったく異なる気候がその惑星には存在しているということも意味しうる。 

  • those on Earth の “those” = weather patterns
  • to blow : 吹く
  • extreme : 極度の、極端な

 

Spitzer, an infrared telescope that trails Earth as it orbits the sun, was well-suited for studying TRAPPIST-1 because the star glows brightest in infrared light, whose wavelengths are longer than the eye can see.

➡︎ スピツァー宇宙望遠鏡は、太陽の周りを回っている地球を観測している赤外線望遠鏡だが、『トラピスト-1』を調査するのに非常に適していた。この恒星は赤外光で最もまばゆく輝いており、その光は肉眼では観測できないほど高波長だからである。 

  • infrared : 赤外線の
  • to trail : の跡を追う
  • be well-suited for : にかなり適している
  • to glow : 光を放つ
  • wavelengths : 波長

 

In the fall of 2016, Spitzer observed TRAPPIST-1 nearly continuously for 500 hours.

➡︎ 2016年秋、スピツァーは『トラピスト-1』を500時間近くほぼ連続で観測していた。 

  • nearly : ほとんど
  • continuously : 連続で

 

Spitzer is uniquely positioned in its orbit to observe enough crossing – transits – of the planets in front of the host star to reveal the complex architecture of the system.

➡︎ スピツァーは、『トラピスト-1』の複雑なつくりを明らかにすることを目的として、恒星の目の前を行ったり来たりする惑星を十分に観測できるような位置に設置されている。 

  • uniquely : 独自に
  • to position : を置く
  • transit : 通行、移り変わり
  • architecture : 構造、建築

 

Engineers optimized Spitzer’s ability to observe transiting planets during Spitzer’s “warm mission,” which began after the spacecraft’s coolant ran out as planned after the first five years of operations.

➡︎ エンジニアたちはスピツァー宇宙望遠鏡に手を加えて、「ウォームミッション」中に惑星の動きを観測するための性能を最適化した。「ウォームミッッション」は、宇宙船運転開始から5年経ち、船の冷却材が計画通り底をついたところからスタートした。 

  • to optimize : を最適化する
  • a spacecraft = a spaceship
  • coolant : 冷却材
  • to run out : 切れる
  • as planned : 計画通りに

 

“This is the most exciting result I have seen in the 14 years of Spitzer operations,” said Sean Carey, manager of NASA’s Spitzer Science Center at Caltech/IPAC in Pasadena, California.

➡︎ 「スピツァーはこれまで14年間稼働してきたけど、今回は最も刺激的な成果が出たよ」と、Sean Carey 氏は言った。氏はカリフォルニア州パサデナにあるカリフォルニア工科大学を拠点とする、NASAの「スピツァーサイエンスセンター」の責任者。  

  • Caltech = California Institute of Technology(カリフォルニア工科大学)のくだけた表現

 

“Spitzer will follow up in the fall to further refine our understanding of these planets so that the James Webb Space Telescope can follow up. More observations of the system are sure to reveal more secrets.”

➡︎ 「スピツァーは今後、『ジェームズウェッブ宇宙望遠鏡』が調査を引き継げるよう、秋に引き続き調査を行い、7つの惑星への我々の理解をより深めるべく稼働していく。より多く観測すれば『トラピスト-1』の謎が解けていくに違いない」と氏は続ける。 

  • to follow up : を引き続き調べる
  • to refine : を向上させる、洗練させる
  • be sure to do : きっと ~ する

 

Following up on the Spitzer discovery, NASA’s Hubble Space Telescope has initiated the screening of four of the planets, including the three inside the habitable zone.

➡︎ スピツァーの大発見に続き、NASAのハッブル望遠鏡が、ハビタブルゾーン内の3つの惑星を含む4つの惑星のスクリーニング(精密検査)に着手した。 

  • to initiate : に着手する = embark on

 

These observations aim at assessing the presence of puffy, hydrogen-dominated atmospheres, typical for gaseous worlds like Neptune, around these planets.

➡︎ こうした観測は、海王星のようなガス状の天体に特有の「大部分が水素で占められた、もくもくとした大気」が、7つの惑星の周りにも存在しているかどうかを見極めることを目的にしている。 

  • to aim at : を目的にしている
  • to assess : を判断する、見極める
  • puffy : もくもくした
  • -dominated : – で占められている
  • gaseous : ガス状の
  • typical for : に特有の

 
Ads by Google

 

Paragraph 4

In May 2016, the Hubble team observed the two innermost planets, and found no evidence for such puffy atmospheres.

➡︎ 2016年5月、ハッブルの研究チームが もっとも遠いところに位置する惑星2つを観測したが、その際「もくもくとしたガスの大気」の存在は認められなかった。 

  • innermost : もっとも内部の、もっとも遠い

 

This strengthened the case that the planets closest to the star are rocky in nature.

➡︎ これにより「恒星に最も近いところに位置する惑星は、本質的に岩石質である」という主張が後押しされることになった。 

  • to strengthen : を強める
  • in nature : 本質的に、この上なく

 

“The TRAPPIST-1 system provides one of the best opportunities in the next decade to study the atmospheres around Earth-size planets,” said Nikole Lewis, co-leader of the Hubble study and astronomer at the Space Telescope Science Institute in Baltimore, Maryland.

➡︎ 「『トラピスト-1』により、今後10年にわたり、地球と同じサイズの惑星のまわりにある大気を調査するための最高の機会が得られた」と述べたのは Nikole Lewis 氏。ハッブル調査のコー・リーダーでもあり、メリーランド州ボルティモアに拠点を置く「宇宙望遠鏡科学研究所」所属の天文学者でもある人物である。 

 

NASA’s planet-hunting Kepler space telescope also is studying the TRAPPIST-1 system, making measurements of the star’s minuscule changes in brightness due to transiting planets.

➡︎ NASAが惑星探査のために使用しているケプラー宇宙望遠鏡もまた『トラピスト-1』を調査しており、惑星の移動によって引き起こされる、恒星の光度の極めて小さな変化も測定している。 

  • -hunting : -探求、-探し
  • to make measurement of : の寸法を図る
  • minuscule : 非常に小さい

 

Operating as the K2 mission, the spacecraft’s observations will allow astronomers to refine the properties of the known planets, as well as search for additional planets in the system.

➡︎ 「K2 ミッション」を進行させ 宇宙船から観測することにより、天文学者は既知の惑星の特性をより詳しく知ることができるだけでなく、新たな惑星を探すこともできるようになる。 

  • the properties of : の性質

 

The K2 observations conclude in early March and will be made available on the public archive.

➡︎ 「K2 ミッション」は3月上旬にも終了し、その後 公開アーカイブ化されて閲覧可能になる。 

  • to conclude : 終了する

 

Spitzer, Hubble, and Kepler will help astronomers plan for follow-up studies using NASA’s upcoming James Webb Space Telescope, launching in 2018.

➡︎ スピツァー、ハッブル、ケプラー望遠鏡は、天文学者が、来る2018年に打ち上げられる ジェームズウェッブ宇宙望遠鏡 を用いておこなう追跡調査の計画を立てる上で役立つだろう。 

  • upcoming : きたるべき
  • to launch : を打ち上げる、を開始する

 

With much greater sensitivity, Webb will be able to detect the chemical fingerprints of water, methane, oxygen, ozone, and other components of a planet’s atmosphere.

➡︎ ウェッブ望遠鏡では探査の精度がはるかに増すため、 大気中の水やメタン、酸素、オゾン、その他の構成要素の科学的な特徴を検出できるようになる。 

  • fingerprints : 顕著な特徴
  • methane /méθeɪn/
  • components : 構成要素

 

Webb also will analyze planets’ temperatures and surface pressures – key factors in assessing their habitability.

➡︎ ウェッブ望遠鏡ではさらに、惑星の気温や表面圧力といった、その星が居住可能かどうかを判断する上で重要なファクターを分析できるだろう。 

 

NASA’s Jet Propulsion Laboratory (JPL) in Pasadena, California, manages the Spitzer Space Telescope mission for NASA’s Science Mission Directorate.

➡︎ カリフォリニア州パサデナにあるジェット推進研究所(JPL)は、NASAの科学観測本部に代わって、スピツァー宇宙望遠鏡ミッションを指揮する。 

  • to manage : を指揮する、運営する
  • for : の代わりに

 

Science operations are conducted at the Spitzer Science Center, at Caltech, in Pasadena, California.

➡︎ 技術的なオペレーションはカリフォルニア州パサデナにあるカリフォルニア工科大学 スピツァーサイエンスセンターで行われる。 

 

Spacecraft operations are based at Lockheed Martin Space Systems Company, Littleton, Colorado.

➡︎ 宇宙船のオペレーションはコロラド州リトルトンの「ロッキード・マーティン・スペース・システム・カンパニー」が拠点となっている。 

  • be based at : が拠点になる

 

Data are archived at the Infrared Science Archive housed at Caltech/IPAC.  Caltech manages JPL for NASA.

➡︎ データは カリフォルニア工科大学に拠点を置く「Infrared Science Archive」に保管される。カルフォルニア工科大学が NASA に代わってジェット推進研究所(JPL)を運営する。 

  • to archive : を保管する
  • be housed at : に拠点を置いている

 

原文は以下のリンクからどうぞ。

NASA Telescope Reveals Largest Batch of Earth-Size, Habitable-Zone Planets Around Single Star

 
Ads by Google

関連記事