1日200円!オンライン英会話レアジョブを毎日続けて分かった5の事実


Ads by Google

  • 英語がペラペラ話せるようになりたい!
  • 昇進には英語力が必要だと言われてしまった…
  • 急に海外出張が決まった…どうしよう
  • 英会話学校に行くお金はないし…
  • 仕事を辞めて留学するわけにもいかないよなぁ

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

ぼくの周りにも、英語力にコンプレックスを抱いている人は意外に多いです。「学生時代に留学しておけばよかった」とかね。

でも、ちょっと待ってください!英会話上達の方法は「海外留学」しかないと思ってるんですか?日本国内にいては英語が話せるようにならないんですか?

だとしたら、あなたはこの記事を読んでみる価値がありそうです。

国内にいながら(それどころか自宅から一歩も出ずに)、1日25分の英会話レッスンを毎日受けられるオンラインサービス。興味ありませんか?

この記事では、オンライン英会話サービス最大手「Rarejob(レアジョブ)」のレッスンを毎日続けたぼくが気づいた5つの事実をご紹介します。

 

この記事を書いている人
相原 ユーキ| TABI LABO編集・ライター。 前職は国家公務員。 大学ではAUSで1年間留学。 TOEIC985、英検1級、簿記2級、国家総合職合格。

 

 

01. 海外留学のメリットを「語学力向上」だけに絞ってはいけない

究極のアウェイ環境。それが海外です。

そんな状況で、独力で友人を作り、生活環境をゼロから作り上げていく。そのプロセスの中で得られる知識・スキル・度胸は大きいです。

これこそが、海外留学の最大のメリットだとぼくは思います。

ここで強調したいのが、「単に語学力を向上させたいから!」という動機だけで留学に行くと、十中八九挫折するということ。

そんな風にして心が折れて日本に帰国してしまった友人をたくさん見てきました。

思い描いていた留学生活とギャップがあったんでしょうね。語学の向上に100%注力できると思いきや、炊事や洗濯等の「生活を維持するためのタスク」に追われたり、トラブルに見舞われたり。

語学力を向上させるための最短距離ではないんですよ、留学は。むしろ遠回りする中で成長できるんですよね。

異文化環境での自立によって度胸を身に付けたいという強い目的があるなら留学は有意義なものになりますが、そうでない限りはわざわざ海の外へ出て行く必要はない気がします。

 

02. 日本から一歩も出なくても英会話をマスターすることは可能である

上でも述べましたが、単に語学力の向上を目指すならオンライン英会話が最短距離です。日本から一歩も出なくてもペラペラになれます。

ぼくはオーストラリアに留学したのであまりフェアではないかも知れませんが、自分で思うに、本当に英語力が向上したと感じるのは帰国後なんですよ。日本に帰ってきてから、本気になって学習をスタートさせたんです。

オーストラリア滞在中は生きていくのに必死でしたからね(笑)生きていくための負担が限りなく低い日本国内にいた方が「英語学習」に効率よく打ち込めるのは厳然たる事実です。

「日本にいたら英語を話す機会が少なくない?」と感じる人もいるかもしれません。

しかし、よく考えてみてください。あなたが今手にしているスマートフォンやラップトップは世界中とつながっているんですよ。観光立国を進める日本には、外国人旅客もたくさんいます。

今や「英語をまったく話さない状況」を想像する方が難しい気がしますよ。

わざわざ海外に出て行かなくても済む。これが本当の意味でのグローバル化だと日々実感しています。

 

03. 多くの人が蔑(ないがし)ろにしているのは「適切なフィードバック」である

普段、このブログでは「独学」を推しています。公務員試験とかね。

しかし、こと語学学習においては「第三者の目(耳)」も大事になってきますネイティブスピーカーによるフィードバック無しには、絶対に外国語は上達しません。

理由は、ぼくたちが「日本人の耳」しか持っていないからです。

「自分の発音のここが間違っている」
「自分のイントネーションはここが不自然だ」
「この単語はこういうシーンでは使わない」

 

こんな風に認識できる英語学習者はいません。だって、それが正確に認識できるなら、そもそもネイティブの音が出せるはずだから(笑)何だかとんちみたいですけど、でもそう思いませんか?

そもそも何が間違っているのか気づけない。だから不自然な英語になる。これが、非ネイティブとネイティブを分かつ「壁」です。

その割に、フィードバックの重要性を理解している英語学習者が少ないのが不思議です。

オンライン英会話ならこのあたりの課題を解決してくれますよ。

Skype を通じて25分間マンツーマンで指導してくれ、適切なフィードバックが「その場で」「いくらでも」もらえるので。

 

04. 1日25分の超一流レッスンを毎日受けられて6,000円は破格すぎる

%e3%83%ac%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%96

サービス提供元:株式会社レアジョブ
ユーザー数:40万人以上
おすすめプラン:日常英会話コース毎日25分プラン
月額料金:6,264円(税込)
1レッスン当たり料金:208円
セールスポイント:講師の情熱・クオリティが高い!
講師の国籍:フィリピン人

 

以上が Rarejob(レアジョブ)サービスの概要です。

「日常英会話コース毎日25分プラン」がやはりおすすめですね。たった25分というのが心理的ハードルを下げてくれます。

1ヶ月毎日「英会話」の機会がある。これって重要ですよ。英会話を習慣化して日常に組み込めちゃうので。

「英語を喋る」という非日常を、食事・風呂・歯磨きと同じレベルの日課にすることができるんです。もはや留学じゃん。

料金に関しても、1日あたりのレッスン代200円。安すぎですよ、これ。

駅前留学で有名な nova なんかでは、マンツーマンレッスンは月4回しか受けられないのに月謝2万円しますからね。1日あたり5,000円ですよ!あまりにも高すぎる。

語学学習系のサービスって足元見られやすいので、しっかり吟味して賢い選択をしましょうね。

さもないと「高額な月謝を払っているのに一向に英語力が向上しない」みたいな盛大な矛盾に陥ってしまいますから。

 

05. Rarejob は他のオンライン英会話サービスよりも幾つかの点において明らかに優れている

> レアジョブが優れている点

ぼくがもっとも長く利用しているサービスがレアジョブ。業界では老舗的なポジションですね。

これまで、(無料体験も含めて)5社のオンライン英会話サービスを試しましたが、講師の情熱と質がダントツで高いです

あなたがどんなレベルであっても、適切なフィードバックと指導で高めてくれます。

25分はほんと一瞬で、「あれ、英会話ってこんなに気軽にできるんだ」と思うこと間違い無し。本当にオススメです。

唯一の欠点は、ごくたまーにネット回線が不安定になることぐらいですかね。ただ、あまりに調子が悪いようなときは「無料チケット」がもらえます。レッスンの1回分無料クーポンみたいなもの。これで補填できます。

 

> 他のサービスと比較しても

一時期、お金が無さすぎてレアジョブの月謝が払えなかった時期に DMM 英会話を利用しました。

大手DMMの派生サービスということで、安心感はありました。

利用してみるとわかるけど、ヨーロッパ人が多いように感じました。ルーマニアとかセルビアとかボスニアとか。

イケメン・美女率はかなり高いので、それが目的のひとは楽しめるでしょう(笑)

欠点は、講師の英語力がそこまで高くないこと。それと、レッスンに熱心に取り組んでくれないチューターも一定数いるということです。

以前、セルビアの男性講師のレッスンを受けましたが、「ながら作業」でテキトーにやってる感が半端じゃなかった(笑)うまく答えられなかったときに「はぁ…」とため息を打たれたり。

もちろんすべての講師がそういう態度なわけじゃないけど、講師の質は低いように感じました。参考までに。

価格競争だけだと、レアジョブよりも優位に立っているサービスもたくさんあります。

しかし「安ければ良いというわけではない」というのが難しいところ。コストパフォーマンスの「パフォーマンス」にも着目してみてください。

オーストラリアから帰国してからレアジョブをスタートし、良質なアウトプット体験を毎日重ねることで TOEIC 985英検1級を取得した経験から、レアジョブのパフォーマンスは本気でオススメできます。

 

 

 

結論:レアジョブは本気でオススメです

というわけで、ぼくのイチオシは「レアジョブ」です。

前述のとおり、やはり講師の質が高いことが理由。オンライン英会話が長続きするかどうかは、90%ぐらい「講師の資質」によります。

講師がフレンドリーで情熱的なら、レッスンは楽しくなる

レッスンが楽しければ、25分なんてあっという間に過ぎる


翌日のレッスンが楽しみになる

回数を重ねるうちに英語力が高まるのを感じる

講師のモチベーションもさらに上がり、レッスンの質がさらにあがる

 

このような「正のサイクル」に入れば、英語の上達は約束されたようなものです。

楽しみながら、「小さな成功体験」を重ねていてください!

 


Ads by Google

Rarejob のはじめかた

無料登録をする

⬇︎ お手を煩わせないように、リンクを準備しました!

こんな感じのページに飛びます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-13-50-53

 

名前、メールアドレス、パスワード、スカイプ名を入力。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-13-51-12

 

確認して、送信します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-13-51-58

 

登録したアドレスにメールが届くので、記載された URL をクリック。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-13-52-10

 

あなたの英語に関するバックグラウンド・目標を記入しましょう。それによって、講師やレッスン内容をセレクトしてくれます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-14-06-03

 

内容を確認して、登録。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-14-07-18

 

すると、さっそく無料体験レッスンの予約がいれられるように!善は急げ。勢いで予約しちゃいましょう(笑)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-14-07-40

 

記念すべき第一回の予約ですね!緊張するとは思いますが、絶対に大丈夫。

そのうち講師からのコールが待ち遠しくなりますから。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-14-08-35

 

必要な環境

  • ネット環境(モバイル通信より、Wi-Fi の方が安心)
  • Skype (iOS、Android、Mac、Windows どれでもオーケー)

 

 

勇気が出ないあなたへ

今まで英会話の習慣のなかった人にとって、いきなり Skype で外国人と25分間「も」会話をするのはハードルが高いと思います。

ぼくもそうだったので気持ちはわかります。そんなときに、次の3点を思い出してみてください。きっと楽になります。

 

01. 話せなくて悔しい思いをしてください

「言いたいことがまとまらない」
「簡単な単語なのに出てこない」
「言葉がつっかえて間が空いてしまった」

 

こういう悔しい思いをしてください。自分の英語力を冷静に見つめるいい機会になるし、何より学習意欲が高まります。

ぼくも毎回すごく悔しい思いもするけど、「次はこう言おう」とか「前回よりはできた」といった風にポジティブに考えて楽しむようにしています。

スポーツと同じで、悔しさ・もどかしさは燃料ですよ!

 

02. 恥をかいても「もう二度と会わないからオーケー」と割り切って

どれだけ恥をかいても、Skype が終わればチャラです(笑)

自分がその講師を選択しなければ、二度と会うことはありません。

そう考えれば、少しは楽になりませんか?

2回の無料レッスンでレアジョブのサービスが気に入れば継続すればいいし、万が一気に食わなければスパッと辞めることもできます。

すべての裁量はあなたにあるので、気楽に体験してみることをオススメしますよ。

 

03. とりあえず行動してみるのが重要

「善は急げ。勢いで予約しちゃいましょう」と言いました。

いい加減でテキトーに聞こえたかもしれませんが(笑)、こういう心がけはかなり重要なんです。

あれこれ考えてるうちに「やらない理由」を探してしまうのが人間です。

瞬発力でチャンスを掴んでください。今スタートするだけで、そうでない場合とは比較にならないほどの「差」をつけることができるんですよ。

 

 

さいごに

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

グローバル社会における英語能力の重要性は、もはや言うまでもありません。

英語が話せれば、15億人の人間と意思疎通が取れます。「勉強するかしないか」ではなく、「どうやって勉強するか」がフォーカスされる時代です。

ぼくが英語学習を続ける中で感じたことですが、言語は「話せなけば意味が無い」のです。

せっかくガリガリ勉強して TOEIC 900 点を取れても、実際に外国人を目の前にして怖気付いていてはしょうがないでしょ。

相手の目を見て、堂々と主張を展開する(余談ですが、外国人はガンガン目を合わせてきます)。

こういったスキルがますます求められます。

ペンを置いて、口を開きましょう。

25分間の「オンライン留学」を生活に組み込んで、本当の意味での英語力を高めてみてください。

日本中の、世界中のライバルが既にそうしていますよ。

 

⬇︎ ここから飛べます

 

Ads by Google