就活内定ゼロだったコミュ障が、1年間かけて人格を矯正して無双した話

一昨年(2014年)、ぼくは民間企業での採用を志望して就職活動をしていました。

ここに書くのが憚られるほどの超・大企業ばかり、だいたい30社ほど。

  • 五大総合商社
  • 国内有数のカメラメーカー
  • 自動車メーカー
  • 繊維メーカー
  • エネルギー系企業
  • ゼネコン…

結果は内定ゼロ。全滅でした。敗因は分かっています。コミュ障だったぼくは、ES(エントリーシート)が通っても面接でことごとく爆死していったのです。

普段友人と話したりする分には問題無いのに、授業中に自分の発言の番が近づいてきたら心臓がバクバクする。いざ面接の場になると途端にうまく話せなくなる。声が震える。気がついたころには面接がトラウマになっていました。

今回の記事では、そんなガチコミュ障のぼくが1年間かけて少しずつ人格を矯正して、翌年の面接で無双できるようになった3つの戦略を紹介したいと思います。それにより、ぼくは次の2つの成果を上げることができました。↓

  1. 国家公務員試験のとある区分で、合格者2,000名中 36位(上位2%以内)の成績をおさめました。筆記試験はまずまずでしたが、人物試験で最高得点(A評価)をマークしました。
  2. 今では面接でもまったく緊張しないし、人前でプレゼンを楽しむこともできるようになりました。まったく知らない人とでも10分ぐらい雑談できます(笑)

今回の記事はこんな人のお役にたてます

  • 就活生
  • 転職希望者
  • 人前でプレゼンをする機会の多いビジネスパーソン

それではいきましょうー!

Ads by Google

 

ぼくは「人見知り」である

ぼくは完全な「人見知り」です。少し話すようになったぐらいの仲の人からは「そんな風に見えない」と大抵驚かれますが(笑)

子供のころから、他人に心を開くことが極端に少なかったと両親から聞いています。成長するにつれ「普段の」コミュニケーションは問題なく行えるようになりましたが、パブリックスピーチや面接などのフォーマルな場はもちろん、授業中に発言することすらずっと苦手でした。

自分の番が近づいてくると心臓がバクバクして、呼吸も荒くなる。喋ろうとしても声が震え、ぎこちなくなる。

これは持って生まれたものなんだ、と半ば諦めていました。人前でも物怖じせずにガンガン喋れる人が羨ましいといつも思っていました。

 

案の定、面接で死亡した

大学も5年目に入り、いよいよ就職活動の時期。見よう見まねで企業研究し、ES(エントリーシート)を書き、面接の日程が決まっていく(留学経験とTOEICのスコアのおかげで、ES(書類選考)はほぼ全通でした)。

しかし、結果は30社受けて全滅。みるみるうちに面接予約を消化して、ぼくの就活は終了しました。

 

ここままでは一生負け続ける

本当に悔しかったですね。自分のことを100%アピールして落ちたのなら納得がいくけれど、決してそうではありませんでしたから。

結局、民間企業への採用は諦めて公務員試験への道を選ぶことになるんですが、そこでも面接試験はある。面接への苦手意識を取り除かないことには、自分には未来がない。一生負け続ける。

ぼくは、1年間かけて自分の人格を矯正してやろうと決意。時間をかけてあれこれ調べながら、次の3つの戦略を立てて実行しました(これが奏功したことは冒頭で述べました)。


次のページ:

人前でアガらないためにぼくがとった3つの戦略

次のページへ >