Ads by Google

どうも、元ニート国家公務員ブロガーの kobo です。

今回は英語上級者でも意外と知らない、イギリス英語とアメリカ英語の文法上の違いについて説明します。
マメ知識として蓄えて、豊かな英語表現を身につけましょう。

ちなみに、執筆にあたり以下の書籍を参考にしました。ぼくのバイブルです。

この記事を書いている人
相原 ユーキ| TABI LABO編集・ライター。 前職は国家公務員。 大学ではAUSで1年間留学。 TOEIC985、英検1級、簿記2級、国家総合職合格。

 

はじめに

ぼくはイギリス英語を好んで勉強しています。

教材は「Grammar in Use」の原版(イギリス英語)。発音もイギリス英語(RP: Received Pronunciation)を意識しています。

そこで気づくのが、ぼくたちが義務教育で習った「アメリカ英語」との違い。

ユニークで面白いものも多いので、18個紹介します。

 

 

01. 完了形の使いどき

イギリス英語

I’ve lost my key. (or I lost my key.)

イギリス英語では「まだ鍵が見つかっていない」という点において、Present Perfect(現在完了形)を用いることが多い。

 

アメリカ英語

I lost my key. (or I’ve lost my key.)

アメリカ英語では「鍵をなくした」という事実を重視し、Simple Past(単純過去)を用いることが多い。

 

 

02. have と take

イギリス英語

have a bath
have a shower
have a break
have a holiday

 

アメリカ英語

take a bath
take a shower
take a break
take a vacation

イギリスでは have、アメリカでは take を使うことが多いです。

 

 

03. shall の使いかた

イギリス英語

I will/shall be late this evening.
Which way shall we go?

イギリス英語では shall を will 的な感じで使う。

 

アメリカ英語

I will be late this evening.
Which way should we go?

アメリカ英語では shall はあまり使われない。

 

 

04. 「そんなはずない」

イギリス英語

Sarah hasn’t contacted me. She can’t have got my message.

 

アメリカ英語

Sarah hasn’t contacted me. She must not have gotten my message.

 

 

05. need が助動詞?

イギリス英語

We needn’t hurry. (or We don’t need to hurry.)

needn’t はイギリス英語を勉強しないとお目にかかれないかもしれませんね。

 

アメリカ英語

We don’t need to hurry.

 

 

06. should を伴う動詞

イギリス英語

I insisted that he should apologise.

「忠告する」系の動詞。that 節の中では shoud を用います。

 

アメリカ英語

I insisted that he apologize.

アメリカ英語では should を省略。だから本来なら He apologizes となるはずだけど、He apologize. となっています。

 

 

07. 省略して返答するとき

イギリス英語

Lisa isn’t very well today.
Isn’t she?

 

アメリカ英語

Lisa isn’t very well today.
She isn’t?

どちらも「そうなの?」という意味。イギリス英語とアメリカ英語では語順が変わるんですね。

 

 

08. accommodation(s)

イギリス英語

There isn’t enough accommodation.

accommodation = 不可算

 

アメリカ英語

There aren’t enough accommodations.

accommodation = 数えられる

 

 

09. hospital に the は要る?

イギリス英語

Three people were injured and taken to hospital.

 

アメリカ英語

Three people were injured and taken to the hospital.

 

 

10. 単数でも複数でも OK な名詞

イギリス英語

The team is/are playing well.

 

アメリカ英語

The team is playing well.

team / government / family などは、イギリス英語では複数として捉えることもあります。

 

 

11. weekend につける前置詞

イギリス英語

Will you be here at (the) weekend?

 

アメリカ英語

Will you be here on (the) weekend?

 

 

12. at と in

イギリス英語

Let’s sit at the front of the cinema.

 

アメリカ英語

Let’s sit in the front of the movie theater.

「映画館の前席に座ろう」という文。イギリスでは at the front、アメリカでは in the front と言います。

 


Ads by Google

 

 

13. different のあとに続くのは?

イギリス英語

It was different from/to what I’d expected.

 

アメリカ英語

It was different from/than what I’d expected.

「思っていたのと違った」という文。イギリスでは to 、アメリカでは than。

どちらにしても from を使っておけば無難かもしれませんね。

 

 

14. round = around ?

イギリス英語

He turned round. (or He turned around.)

 

アメリカ英語

He turned around.

 

 

15. 「記入する」は?

イギリス英語

Can you fill in this form? (or Can you fill out this form?)

 

アメリカ英語

Can you fill out this form?

 

 

16. get on とは?

イギリス英語

How are you getting on※ in your new job?
Richard gets on well with his new neighbours.

 

アメリカ英語

get on を※”progress” の意味では使わない
Richard gets along well with his new neighbors.

※ get on = progress の意味も。

 

 

17. 「直す」は?

イギリス英語

That old house looks great now that it has been done up.

 

アメリカ英語

That old house looks great now that it has been fixed up.

 

 

18. スペリングの違い

イギリス英語

get – got -got
organise / apologise / specialise
colour / neighbour / favourite…
travel – travelled – travelled (travelling)
cancel – cancelled – cancelled (cancelling)

 

アメリカ英語

get – got – gotten
organize / apologize / specialize
color / neighbor / favorite…
travel – traveled – traveled (traveling)
cancel – canceled – canceled (canceling)

 

 

さいごに

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

イギリス英語とアメリカ英語の、文法上の違いをまとめてみました。

何かわからない表現に出くわしたら、この記事に戻ってきてみてください。

 

 


Ads by Google