Ads by Google

今回は、試験の概要をつかんだり学習を進めていったりする際に、ものすごく参考になるウェブサイトを5つ、まとめてご紹介します。

是非ともブックマーク登録されたい!

 

この記事を書いている人
相原 ユーキ| TABI LABO編集・ライター。 前職は国家公務員。 大学ではAUSで1年間留学。 TOEIC985、英検1級、簿記2級、国家総合職合格。

 

 

1 国家公務員試験採用情報NAVI

人事院が管理運営する、公務員試験のオフィシャルサイト。基本中の基本。

試験の概要はもちろん、説明会や官庁訪問のスケジュール等も随時更新されるので、定期的にチェックすることをおすすめします。

 

2 感謝のプログラミング 10000時間

 国家公務員1種(総合職)試験は超難関なんかじゃない。900時間〜1000時間の勉強時間を確保できれば、独学・予備校無しで普通に合格できる。

 【予備校無し・独学で合格】国家公務員総合職(1種・経済区分)の専門試験の勉強法・攻略法のまとめ

このサイトには本当にお世話になりました。

試験に対する心構えから、学習の進め方まで詳細な説明がなされています。

学習のモチベーションが大いに向上するでしょう。

 

3 【LEC公務員合格者ブログ】即効!国家総合職合格者が教える勉強法

これも学習者は必読のブログです。

ちなみに、昨年度の2次試験「憲法」の記述問題のテーマはヘイトスピーチに関するものでしたが、直前にこのブログで予想されていたものでした。

予想的中ということで、このブログのおかげてスラスラと答えられたという受験生も多かったのではないでしょうか。

分析が神がかってます!


Ads by Google

4 国家公務員採用試験 得点計算室

計算フォームに各試験種目の粗点や判定を入力することにより、受験生の合否にかかる標準点及び総合点を算出できるウェブページです。(サイトから引用)

学習を進める上で、ボーダーラインに対する自分の位置を常に把握することが重要なので使い倒しましょう。

 

5 2ちゃんねる

いわずと知れた世界最大級の情報掲示板サイト。

ただ、「嘘を嘘と〜」の有名なフレーズにもある通り、情報の取捨選択の判断が必要になります。

実際、デマ情報の流布、足の引っ張り合いもちらほら。ただ、やはり有益な情報も存在しているので、必要に応じて閲覧してみると面白いかもしれません。

 

関連記事

 


Ads by Google