国家総合職に独学で合格するのは普通に可能。ぼくがそうだったから


Ads by Google

国家総合職に独学で合格するのは可能です。

今回の記事では、総合職試験の前提となる情報について見ていきましょう!

この記事を書いている人
相原 ユーキ| TABI LABO編集・ライター。 前職は国家公務員。 大学ではAUSで1年間留学。 TOEIC985、英検1級、簿記2級、国家総合職合格。
 

そもそも、国家総合職とは?

正確には「国家公務員採用総合職試験」。少し前までは「国家 I 種」と呼ばれていました。

人事院が主催する採用試験のひとつ。合格率は例年5〜6パーセントと言われており、日本における最難関試験の一つとして挙げられることが多いです。

最終合格者はさらに官庁訪問という省庁ごとの採用プロセスを経て、晴れて内定に至るという流れです。

入省後は「キャリア官僚」と呼ばれ、各省庁において政策の立案・執行等の職務に就くことになります。

 

巷で言われる通り「独学での合格」は不可能なのか?

これは明確な誤りです。

国家総合職試験は、一流大学出身でなくても、有名予備校受講生でなくても合格できる試験です。

 

必要なものは3つだけ。

  1. 適切な目標設定
  2. 適切な熱量(モチベーション)の維持
  3. 適切なアプローチの履行

この三要素に関しては今後も触れますので、ここでは割愛します。

 

相原ユーキ の実例

ぼくは約1年間の独学で、総合職試験(大卒程度試験)法律区分で最終合格しました。

 

なぜ予備校を(模擬試験も含めて)利用しなかったのか
  1. 「総合職→予備校」というのが思考停止な気がして好きになれなかったから
  2. 自らプランニングし、独力で合格したいという気持ちがあったから
  3. 経済的に非常に厳しい状況にあり、予備校の受講料を捻出できなかったから

 

 

なぜ法律区分を選択したのか

そもそも、ぼくは地方大学の商学部の学生でした。

とは言え、大学にはまともに通っておらず、GPA1.0を割ったことも何度もあります(笑)

そういうわけで、法律知識の素地どころか、経済、一般常識に関しても頭が空っぽ。絵に描いたような劣等生だったわけです。

そんなぼくがなぜ法律区分を受験したのか。理由は3つあります。

  1. 合格者数・採用数が最も多く、そのぶん合格のチャンスも大きいような気がしたから
  2. まったく馴染みのない新しい分野に挑戦したかったから
  3. 経済科目と比較して日常生活に役立ちそうな気がしたから

 


Ads by Google

 

英語力に関して

平成27年から、国家公務員試験でも英語外部試験(英検、TOEIC等)による点数加算が始まりました。

ただ、点数加算の基準は非常に緩く、TOEICで言えば600点以上で15点が、730点以上で25点が総得点に加算されます。

主観ですが、総合職の受験者は大抵700〜800点ぐらいは取っているはずなので、ほぼ差がつきません。

それどころか、ここで15あるいは25点の加算が得られないことは相当なディスアドバンテージになります。

点数加算制度に限らず、本試験においても英語の出題はありますし、2次試験の政策論文でも英語の資料を読み解く力が必要になることがありますので、英語学習には注力していただければと思います。

※もちろん、英語学習はこのブログのメインテーマでもあるので、有益な情報をシェアできればと思います。

 

関連記事


Ads by Google

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です