シンプルな線画がオシャレな、売れっ子イラストレーター6名まとめ

こんにちは、相原 ユーキです。

「いかに少ない線で豊かに描くか」を大切にされているイラストレーターさんのシンプルな線画は、いつ見ても素敵だなーと思うんです。

長場雄さんとかNoritakeさんのような。

さて、今回は、僕が街などで見かけて「素敵だな」と感じた作品のデザイナー・イラストレーターさん6名をまとめておこうと思います。

Yu Nagaba、Noritake、ito happy、白根ゆたんぽ、SHO FUJITA、Shuhei Kobayashi(敬称略)。

きっと「あ、見たことある!」という作品もあると思いますので、ご興味のある方は続きをどうぞ。

1長場雄 (Yu Nagaba)

出典:http://www.nagaba.com/

僕が一番好きなイラストレーターさん。渋谷でひらかれた個展にも行ってきました。独特な線の表情がたまりません。

長場雄。1976年東京生まれ。東京造形大学卒業。人物の特徴を捉えたシンプルな線画が持ち味。プライベートワークとして毎日1点作品を制作する他、広告、書籍、アパレルブランドとのコラボレーションなど幅広く活動中。2015年に作品集『I DRAW』、2017年には過去3年間のワークスを集めたアーカイブ集『I DID』(PARCO出版) を発表。

ホームページ/Instagram

 

2Noritake

出典:http://noritake.org/

『なるほどデザイン』の表紙で有名なNoritakeさん。柔らかく丸みのある線が可愛らしいです。イラレで描いてらっしゃるのかな?

Noritake。イラストレーター。モノクロドローイングを軸に広告、書籍、雑誌、ファッション、壁画など国内外で活動。デザインやディレクション、作家活動もおこない、その活動は多岐にわたる。イラストをもちいたノートなどのプロダクト制作も精力的におこなう。

ホームページ/Instagram/Blog

 

3ito happy (伊藤ハッピー)

出典:https://www.itohappy-milk.com/

あたたかい線の表現を研究されているという、ito happyさん。ホームページも不思議な世界観で楽しいです。

日本のイラストレーター・伊藤ハッピー。かれの描くひと、もの、どうぶつの絵をアップしています。日々の雑感を込めた詩も魅力です。

ホームページ/Twitter

 

4白根ゆたんぽ

出典:http://yuroom.jp/yuroom/top.html

白根ゆたんぽさんの描く女の子がとにかく可愛すぎて辛い。ポージングが面白いものが多いです。

白根 ゆたんぽ(しらね ゆたんぽ、1968年-)は広告や雑誌などで活躍する日本のイラストレーター。埼玉県出身、桑沢デザイン研究所卒。アクリル絵具を厚塗したポップで独特のタッチで知られる。92年にはCGユニット、「SPARK」を結成。翌年にはHBギャラリーでフォトショップによる写真のコラージュ作品による個展「YUTANPOINT」を開催。男性向け成年誌から女性向けファッション誌、子供向け学習誌、広告、CDジャケットまで、などさまざまな媒体を舞台にイラストを手掛ける。

ホームページ/Instagram/Tumblr

 

5SHO FUJITA (藤田翔)

出典:http://graphsho25.blogspot.jp/

ポップな線が特徴的なSHO FUJITAさん。図解が超絶わかりやすいから、ブログの挿絵の参考にさせていただこうかな。

藤田翔。1987年生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン卒業。在学中はコラージュ作品を中心に学び、卒業して2年後にイラストレータとしての仕事を本格的にはじめる。書籍、カタログ、パンフレット、雑誌など、多くのメディアでイラストを担当する

ホームページ

 

6Shuhei Kobayashi (小林周平)

出典:https://www.behance.net/shuheikobayashi

WebメディアTABI LABOのアイキャッチを担当されているShuhei Kobayashiさん。彼の描くビジネスマンのイラストがすごく好き。

小林周平/イラストレーター・グラフィックデザイナー。美術大学を卒業後、点々と。2015年よりフリーランスで活動を開始。ピザが好き(亀有の「JUN’S PIZZA」のブランディングとかやってます)。現在はグラフィックデザインの傍ら、TABI LABOでイラストレーターとしても活動中です。

ホームページ(Behance)

 

素敵なデザイナー/イラストレーターさんを見つけ次第、追記していきます。
相原 ユーキ