LINEモバイルのデータ容量は足りない?すぐに速度制限がかかる?

格安SIM「LINEモバイル」を活用して月々のスマホ代を1000円台におさえるテクニックを紹介!

鬼のようにガッツリとまとめた記事も用意してあるので、時間のある方はそちらをどうぞ。

【超まとめ】LINEモバイルのメリット/デメリット/料金/乗り換え(MNP)方法/最新キャンペーン

 

デメリット5データ容量がマックス13GBと、心許ない気がする?

データ量に不安を覚える方がいるかもしれません。しかし、僕はLINEモバイルは長いこと愛用していますが、データ容量が足らなくなったことは一度もありません。

確かに最近ではテレビCMやネット広告で、他社キャリアが「ギガモンスター」とか「20GBの大容量通信」などと謳っているのをよく目にしますよね。

これと比べると、LINEモバイルで使用できるデータ容量は、月々MAXで13GB(キャンペーン適用時。通常は10GB)。正直、やや見劣りするのは仕方ないでしょう。

でも、スマホの運用方法をほんのちょっと工夫したりするだけで、データ容量のことを気にしなくても良くなります。この「ひと工夫」が、格安SIMの醍醐味なんですよね!

 

LINEモバイルには、悪名高い「3日間」速度制限が無い!

他のキャリアでは、直近3日間のデータ使用が一定量(300MBとか500MB)を超えると、速度制限(200kbps)がかけられてしまうこともあります。

が、LINEモバイルには3日間制限が無いんです!そのため、ほかの回線よりもかえって快適にスマホを使うことができます。

 

LINEモバイルのプランごとの「データ容量」

LINEモバイルでは、契約するプランによって月々の最大データ通信容量が異なってきます。

❶ 「LINEフリープラン」のデータ容量

LINEモバイルの中でもっとも安価でミニマルなのが「LINEフリープラン」。月々の使用量はたったの1200円ですが、そのぶん「データ容量は1GB」で、カウントフリー対象サービスは「LINEアプリ」のみです。

自分がスマホで何をしたいのか」が明確にわかっていて、後述する「工夫」を凝らせる人でなければ、けっこう大変かもしれませんね!

 

❷ 「コミュニケーションプラン」のデータ容量

LINEモバイルでもっとも人気がある定番プランが「コミュニケーションプラン」。月々の使用料金は「データ容量」に応じて決められています

  • 3GB:1690円
  • 5GB:2220円
  • 7GB:2880円
  • 10GB:3220円

また、カウントフリーの対象となるサービスには、LINEだけでなく「Twitter」「Facebook」「インスタグラム」も含まれてくるのも◎

 

❸ 「MUSIC+プラン」のデータ容量

LINEモバイルでもっとも贅沢なのが「MUSIC+プラン」。LINEの派生サービス「LINEミュージック」を楽しみたい人向けのプランです。

音楽を聴くときに余計にデータ通信容量がかかってきそうですが、ミュージックで消費したデータ容量は「カウントフリー」の対象となるので問題なし。だから、容量はコミュニケーションプラント一緒なんです。

  • 3GB:2390円
  • 5GB:2720円
  • 7GB:3280円
  • 10GB:3520円
※LINE MUSICを利用するには、月額750円を別途支払う必要があります。

 

データ容量のMAXは10GB。足りるか?足りないか?

LINEモバイルで使用できるデータ容量は、最大で10GB! 僕はネットで調べ物をしたり、SNSを頻繁に使ったりする方ですが、正直10GBもあれば毎月かなりのデータ容量が余ります

しかし、使う人によっては「10GBじゃ足りない!」と思うかもしれませんし、使うシーンによっては心もとないかもしれません。そこで、「○○GBあれば〜〜ができる!」という絶対的な基準を元にお話ししていこうと思います。

 

データ容量別「できること一覧」を計算してみた

自分がスマホをどんな風に使いたいのか何がしたいのかをイメージしながら料金プランを選んでみましょう! 万が一プランを変えたいと思ったなら、マイページから数秒でプラン変更ができるのでご安心を。

 

データ容量が足りないときは、こんな工夫を!

「いやいや、13GBでも全然足りないよ!!」というヘビーユーザーの方もいるかもしれません。仕事でインターネットをバリバリ使う人とか、パソコンにテザリングする人、あとは動画(映画)をずーっと見るような人ですね。

そういう人に僕がオススメしたいのが、以下の2つの「工夫」です!

❶ パソコンもヘビーに使うユーザーは、ポケットWi-Fiを契約するのがオススメ

「とにかくデータ容量をアホほど使う!」 「最低でも20GBは欲しい!」 こんな人はポケットWi-Fiルーターを別口で契約してしまうほうが幸せになれると思います!

格安SIMサービスが想定しているユーザーって、音声通話はあまり使わず、インターネットも限られたデータ容量の中で最大限工夫しながら使うような人なんです。

ですから、もしも莫大なデータ通信容量を確保したいのならばBroad WiMAX等の格安Wi-Fiルーターを用意したほうがぜんぜんお得なんですよ。

Broad WiMAXならインターネットが常時使い放題、速度制限実質なし! なのに月額たったの3411円

以下の記事で超詳しく解説しているので、興味のある方は是非読んでみてください!

 

❷ 出先で作業をする人は、フリーFi-Wiスポットを活用するのがオススメ

個人的にはWi-Fiルーターを契約しちゃうのがオススメですが、ほかにも「Free Wi-FI」を活用するという手があります!

スターバックスやタリーズ等のカフェ、デパート等 ……今では色々なところで無料でWi-Fiが利用できます。 ……かくいう僕も、東京都内のとあるWi-Fiスポットでこの記事を執筆していますw

正直、格安SIMを使う上での醍醐味って「不便な部分も、工夫して賢くカバーすること」だと思っています。

「使用可能なデータ容量」だけ並べても大手キャリアには敵わないこともありますが、今回の記事で紹介したような「工夫」を駆使して、楽しく賢くスマホを運用していきましょう!

10分でサクッと申し込み完了!