英文速読の大敵「返り読み」を今すぐ辞めるべき理由と具体的な勉強法

こんにちは,TOEIC985・英検1級ブロガーの相原 ユーキです.

英文を読むのが遅い人に多いのが,文章を「返り読み」してしまっているという特徴です.

今回の記事では,❶ 返り読みとは何か? ❷ なぜ返り読みをしてはいけないのか? ❸ どうすれば返り読みを辞められるのか? についてお話していきます.

リーディングスピードを高めたいと考えている方は,このまま続きをどうぞ.

関連記事難解な英文でもスラスラ読めるリーディング力を習得する全手法まとめ

 

1返り読みとは何か?

「返り読み」という用語は,僕が勝手にそう呼んでいるだけですが,簡単にいうと「自然な日本」になるように翻訳しながら読むことを指しています.

あなたが普段「返り読み」をしてしまっているかどうかは,次の英文をどのように読んで理解しているかでわかります.

What do you call the large musical instrument that the musician is playing?

もしも「そのミュージシャンが弾いている大きな楽器をなんと呼んでいますか?」と訳してしまったとしたら,あなたは返り読みをしている可能性が高いです.

…「和訳せよ」という問題が出題されたのだとすれば,上のように書けば点数がもらえます.ここではあくまでもスピーディに「読解」することを目指そうという文脈ですので悪しからず.

 

2なぜ返り読みをするとリーディングが遅くなるのか?

「自然な日本語」になるように逐語訳をしながら英文を読むと,視線があちこちに散らばります.順方向に流れたかと思いきや,前に返ってきたりする.この「返り」こそがタイムロスの元凶だと僕は考えています.

先ほどの文章を例にとってみましょう.「そのミュージシャンが弾いている大きな楽器をなんと呼んでいますか?」という訳し方をするときの視線の動きは,以下のようになりますよね.

S:視線の始点,G:終点

視線を無駄に動かすとき,そして文章を日本語に翻訳するときにロスが生じてしまい,必然的に読むのが遅くなります.ですから,こうした読み方は矯正していく必要があります.

 

3返り読みを辞めるための具体的な方法

理想的な英文の読み方では,視線は以下のように動きます.

S:視線の始点,G:終点

文頭から文末まで,どこへも寄り道せずまっすぐ進んでいく.こうした読み方ができれば,一定のスピードで文章を読み続けられますし,目が疲れることもありません.

コツは「足し算」です.例えば関係代名詞 Relative Clauses を日本語風に読もうとすると,かならず「返り読み」になります(例:そのミュージシャンが弾いている楽器)

そうではなく,英語では付加情報をどんどんお尻に足していく形式をとります.具体的には,次のようにして理解していきます.

  • What do you callー?
  • the large musical instrument
  • that the musician is playing
  • (を)なんと呼ぶ? → (the)大きな楽器 → そのミュージシャンが弾いている

という具合に「足し算」をしていきましょう.

もちろん,自然な日本語にはなりません.むしろ.少しだけ稚拙な印象を受けるでしょう.でもそれで良いんですよ.英語は英語,日本語は日本語なので.

この感覚に慣れるまでには少し時間がかかるかもしれません.

しかし,そもそも「日本語らしい読み方」の方がずっと難しいと思いませんか? あらかじめ着地点を定めながら話す/聴く必要があるなんて,かなり高等テクですよ.それが普通にできるのだから,英語なんて楽勝です.

 

オススメの速読トレーニング法

究極目標は,日本語による思考をスキップして,英語のまま文章を理解することですね.そのための練習方法として僕がオススメしているのが「Spritz」というアプリです.

任意の文章を「1単語ずつ」順番に表示させて読むことができます(フラッシュ暗算みたいなイメージが一番近いと思います)。

こちらが100wpm(1分間に100語のスピード)

こちらが250wpm(1分間に250語のスピード)

このアプリを使って英文を読むトレーニングを積めば「返り読み」の癖を根絶できます(速すぎて「返れ」ないため).

以下の記事でかなり詳しく解説していますので,リーディングスピードを上げたい方は是非チェックしてみてください.

関連記事英語のリーディング速度が死ぬほど上がる「Spritz」という神アプリを紹介する

 

英語のリーディング力を高めるためのまとめ記事は以下。

関連記事英語のリーディングスキルを高めるための完全ガイドはこちらから.