仮想通貨をじっくり長期保有したい人だけに向けて口座開設・取引方法、お薦めの取引所まで詳しく解説していく

こんにちは,昨年から仮想通貨(ビットコイン)で投資を勉強している相原 ユーキです.

  • 仮想通貨ってよく耳にするけど,実際どういうものかわからない…
  • ビットコインはセキュリティ面で不安だから手を出していない…

という人も多いはず.

確かに,現在日本では,通貨としてではなく投機目的で仮想通貨(ビットコイン等)を保有している人が圧倒的多数なので,どこかギャンブル臭くてネガティブなイメージを抱くのも無理はありません.

しかし,仮想通貨(暗号通貨)は,ボーダーレスな支払い手段としての覇権を確立していく技術であると言われており,今後とも視線を注ぐべきトピックであることには間違いがありません.

そして,少額でも良いので実際に仮想通貨(ビットコイン等)に投資をしてみることで,マネーの勉強にもなるから◎.始めない手はありません.

今回の記事では,無理なく少額だけ投資して仮想通貨市場の成長を見守っていくようなスタンスでゆったりと投資をしたい人向けに,口座開設の方法からお薦めの取引所まで説明していきます.

 

仮想通貨バブル崩壊?

昨年(2017年)の年末は仮想通貨が一大ブーム(バブル)になっていて,ピーク時は1BTC=223万円まで暴騰していました.(原因はビットコインの分裂による新通貨の発行とか,ビットコイン先物のアメリカ上場などが挙げられています.)

TVCMも打たれるようになり,マネーリテラシー低めの人もこぞって参入したのもこの頃.価格が釣り上がる構造に(まさに靴磨きの少年のお話です).

システムへのハッキング(コインチェック騒動)や仮想通貨への規制強化などが原因で,年明けから価格がガクンと下がりはじめ,今年(2018年)2月に入ると1BTC=70万円を切る自体に.

天井で買って底で泣く泣く売った人も多いのでは?(僕の友人はバブル崩壊に飲まれて150万円を溶かしました)

ところが,3月ごろからビットコインは再びじわじわと上昇傾向にあり,記事執筆当時(4月22日)では1BTC=95万円まで回復.今後は短期スパンでは乱高下を繰り返しながらも,ベース自体は上がっていくものと予想されます.

ちなみに,ビットコインに初めて値段がついた2009年10月時点では1BTC=0.07円.現在の価格の1357万分の1という驚異的な安さでした.

先見性のある人物がこの時点でビットコインに1万円投資していた場合,現在では1359億円にまで資産価値が膨れ上がっている計算になります.

相原 ユーキ

いやー.なぜ買わなかったんだろう.

当時はまだ仮想通貨(ビットコイン)の知名度も低く,法整備も何もないような「イロモノ金融商品」だったため,ほとんどの人が見向きもしなかったんでしょうけどね.

もちろん細かい値動きはありますが,長期的な視点で見ると仮想通貨相場はどんどん成長しているんですよね.だから,「あの時買っておけば…」と将来後悔しないように今のうちに買っておくのがお薦めです.

 

1ビットコイン=90〜100万円? 買えるわけない…

と考える人も多いはず.僕も最初まさにそうで,仮想通貨投資なんて自分には縁のない話だと敬遠していました.でも,ちょっと調べてみると「最低取引単位」というものがあることがわかります.

簡単に説明すると,必ずしも1BTCという単位以上購入しなければならないという訳ではなくて,例えばZaifという事業者の取引所(後述)では,ビットコインは0.001BTCから購入することができます(執筆当時のレートだと0.001BTC=950円程度).

敷居が高いと思われがちな仮想通貨投資ですが,もっともメジャーな通貨であるビットコインでも実は1000円程度から保有することができるんですよ.これなら心理的なハードルがだいぶ下がりませんか?

相原 ユーキ

ちなみに僕はけっこう前に貯金感覚で3万円ほど突っ込んで,現在はプラスが出ています.

 

仮想通貨は実は3ステップではじめられる

純粋な投機目的というよりは,「仮想通貨を巡る国際社会の動向」や「FinTechのさらなる進歩」を追う目的で保有したい仮想通貨.

具体的には以下の3ステップを踏むだけで誰でもスタートできます.

  1. 取引所というところに口座(アカウント)を開設する
  2. 本人確認を済ませる
  3. 入金&取引スタート

以下で一つずつ詳しく見ていきましょう.

 

STEP1 取引所というところに口座(アカウント)を開設する

そもそも仮想通貨(ビットコイン等)はどこで手に入るのでしょうか? 答えは,仮想通貨事業者の運営する「取引所(とりひきじょ)」と呼ばれるWEBサイト上です.

取引所内に自分専用のアカウントと口座を開設すれば,そこへ日本円を入金して別の通貨(仮想通貨)と交換することができます.また,反対に,仮想通貨で日本円を買い戻すこともできます.

相原 ユーキ

「取引所」という場で,たくさんの人が相互に仮想通貨の売り買いをしているイメージです.

日本国内で仮想通貨取引を行なう上で絶対に登録しておくべき取引所(業者)は,「bitFlyer ビットフライヤー」と「Zaif ザイフ」の2つ.

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitFlyerは,国内最大の取引量とユーザー数を誇るサービス.僕もこちらをメインに仮想通貨投資をおこなっています.Webサイト,アプリ共にUIが優れていて,仮想通貨初心者でも簡単に取引できます.

 

CLICKbitFlyerで口座を作ってみる(無料)

Zaifは,アルトコインと呼ばれる仮装通貨(ビットコイン以外のもの)の選択肢が多いサービス.coincheckがセキュリティ事故(ネム流出)をやらかした今,上記のbitFlyerとZaifは2強ですねー.

 

CLICKZaifで口座を作ってみる(無料)

 

STEP2 本人確認を済ませる

仮想通貨取引所を利用するためには「本人確認」というステップを踏むことがかならず必要になります.

  1. まずはサイト上で基本情報を登録
  2. 本人確認書類(免許証等)をアップロード
  3. 後日ハガキが郵送されてくるので受理して完了

申し込み〜本人確認終了まで,およそ1〜2週間程度かかるので,とりあえずこの場でアカウント登録だけでもサクッと終わらせておくことをお薦めします.

CLICKbitFlyerで口座を作ってみる(無料)
CLICKZaifで口座を作ってみる(無料)

 

STEP3 入金&取引スタート

本人確認が済めばアカウント(口座)開設完了です.さっそく日本円をいくらか入金して,実際に仮想通貨を購入してみましょう.

細かい画面構成(画面遷移)は取引所によって異なりますが,例えばbitFlyerの場合,以下のようなボタンからビットコインを購入することができます.取引したい数量を設定すると…

現在のレートでの日本円参考総額が自動で算出されます.あらかじめ取引所のアカウント(口座)に入金しておいた日本円(自分の資産)と相談し,問題なければ「コインを買う」をクリック.

たったこれだけで,晴れてビットコイン保有者になりました! 仮想通貨の関連ニュースを追ったり,チャートから値動きを予測したり…勉強の日々ですね.

前述の通り,デイトレード的に価格の上下だけを追うのでは消耗してしまうので,気長にじっくりと見守るスタンスの方が楽しいです.

お金にそこまで余裕がない人に関しては、今は「勉強代として10万円くらい買って放置しておく」「毎月数千円ずつ積み立てていく」という程度でいいんじゃないかと思われます。
出典:イケダハヤト

 

複数の取引所に口座を作っておくのがお薦め

思うに,仮想通貨投資をたった一つの取引所だけで行なうのはあまり望ましくありません.複数の取引所(事業者)のサービスを横断的に利用するのがお薦めです.理由は次の2つ.

  1. 取引所ごとに取り扱い通貨やサービス内容が異なる
  2. リスクの分散にも繋がる

特に後者について言及すると,大手取引所「coincheck コインチェック」において,アルトコインの一つであるNEM(580億円相当)がハッキングされて盗まれる騒動がありましたね.

NEM公式ではマルチシグ(複数に分割された秘密鍵)を使用することを推奨しているのにも関わらず業務効率化のためにマルチシグに対応せず,しかもホットウォレット(常時ネットワークに接続された環境)で鍵の管理をしていた模様.

今回紹介した2つの取引所bitFlyerZaifでは,このようなずさんな管理体制は取っていないので安心ですが…単一のサービスに資産を投下するリスクを露呈するような事件だったと思います.

色々な仮想通貨に投資して楽しむためにも,極力複数の取引所(事業者)に登録しておく方がベターかと.

CLICKbitFlyerで口座を作ってみる(無料)
CLICKZaifで口座を作ってみる(無料)

 

まとめ

ここまでお読みいただき,ありがとうございます.今回の記事の要点だけ最後にまとめておきますね.

  • 長期で見れば,仮想通貨は価格・取引量共にベースアップしている
  • 仮想通貨投資は,口座開設→本人確認→入金で,簡単にはじめられる
  • 国内ではbitFlyerZaifが2強
  • 複数の取引所に,無理せず少額を,長期ホールドがお薦め

仮想通貨に限らず,投資を始めるに当たってまず関連書籍を買い漁って勉強しようとする人もいますが,実際に口座を開設して少しでもお金を動かしてみることが一番良い勉強になったりします.

特に,ビットコインは今のレートなら1000円弱から気軽に購入できるので,最新技術・最新ニュースに常に触れて関心を向けておく意味でも,いくらか口座に入れておくのがオススメ.

CLICKbitFlyerで口座を作ってみる(無料)
CLICKZaifで口座を作ってみる(無料)

 

相原 ユーキ

関連情報を随時この記事に追記していくので,チェックしてみてください!